2018年10月31日

シンプルなスイングを目指す


 プロ(や上級者)とアマチュアのスイングにおける最大の違いは、捻転差があるかどうかだと思う(異論は認める)。捻転差があるからクラブは最小限の力で最大の加速をする。150yをPWで打てるのはこの加速があるからだ。

 捻転差はざっくり言えば下半身と上半身のタイムラグであり、トップから上半身と下半身が時間差を持ってねじり戻されることで作られる。でもアマチュア(私を含めて)は下半身ではなく腕で打ちにいくので捻転差なんてほとんどできていない。



 さて、ヘッドを加速させるためにはもう一つ大事な捻転差がある。それは腕とクラブの捻転差だ。性格には捻転じゃなくてコックの溜め、つまりレイトアンコックだけど。これができていないとドアスイングになり、クラブヘッドは加速どころか減速してボールに向かう。軌道も不安定になり、ありとあらゆるミスが出やすくなる。

 というわけで、クラブヘッドをいかに効率よく加速させることができるかは、この体の捻転差とグリップのレイトアンコックの2つによって決められる(と思う。だから異論は認めるって)。




 しかし頭でわかっていてもこの2つ、なかなか簡単にできる事ではないよね。ジュニア時代からクラブを握ってるゴルファーや才能がある人なら自然とできるんだろうけど、凡人には難しい。

 でもこれができないと、いくら軸をぶれないようにしても速く振ろうとしても正しく振ろうとしても遠くへ飛ばそうとしても砂上の楼閣っていうか絵に描いた餅っていうか本流じゃないわけで、やっぱりすごく大事だろうと。

 ではどうするか。実はこの2つ、簡単にできちゃう方法というのがこの世に存在するのである。嘘のようだが本当である。といっても特別なことではなく、手垢がついたよく知られた方法だ。



 捻転差を作るためには、バックスイングの途中から下半身だけダウンスイングを開始(腰を切る)する。

 私の場合、「腰を切る」という動作は左腰を後ろ(ヒップ側)に突き出す感じ。左サイド(飛球線方向)へ平行移動させる意識だとスエイしたり上半身が突っ込むし、前傾姿勢を保てないんだよね。



 レイトアンコックを実施するためには、グリッププレッシャーを極限まで緩める。

 アドレスからインパクトまで、最大を10としたら1〜2ぐらいで握る。そのまま切り返すとあら不思議、勝手にレイトアンコックできる。大事なのは勇気だ。右へすっぽ抜けたりスライスしそう(実際、タイミングが狂うとそんな球が出る)だけど、この恐怖に打ち勝たないといつまで立っても初心者と同じスイングのままだ。



 というわけで、これからは「バックスイング途中にダウンスイング」「グリップゆるゆる」だけ考え、他のことはもう一切考えないでスイングします。ほ、ホントだって!!!(たぶん嘘)
posted by hiro at 10:25| Comment(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: