2018年10月29日

頭が悪すぎる月例競技


 昨日はホームコースの月例競技だったんだけど・・・

 ラウンドをしながら、こう考えた。智に働けば楽しめぬ。情に任せるとただのアホ。策を弄(ろう)せば策に溺れる。とかくにゴルフとは難しい。

2018-10-28.jpg

 全国的にゴルフシーズン、日曜日、いい天気、月末の給料日後、クラブ選手権決勝当日などいろいろな条件が重なったせいか、コースは込み込み。さらにグリーンは本物のグリーンぐらいきれいに転がり(いつもはスティンプ7ぐらいなのに9以上出てたと思われる)、ピンはけっこう難易度が高い場所に切られ、おまけにクラブ選手権・シニア選手権決勝のパスもあり、ハーフ3時間を越えるペース。もう疲れた。


 1番パー4、ティショット左ラフ、2打目ウェッジでエッジまで、パターで寄せてパー。

 2番は短いパー4、ティショットは3Wで右ラフ、50度のウェッジでセンターにオンするもファーストパットを1.5mオーバーさせて返し入らず3パットボギー。

 3番パー3、5アイアンはちょっと当り損ないながらギリギリ乗り、2パットパー。

 4番パー5、ティショット軽めに打ったのに会心、2打目レイアップして70y残し、ウェッジフルショットはイマイチの当りでピン手前、2パットパー。

 5番パー4は4アイアンで左ラフ、2打目7アイアンはラインは出たけどちょっと大きくて奥のラフ。マウンド越えのアプローチはいい感じで打てたと思ったのに5mもオーバー。本物のグリーンになってて下りがどこまでも転がるのを読めなかった。2パットボギー。

 6番パー4、ユーティリティのティショットで100y残し。2打目95y超打ち上げ、迷って1番手大きいクラブ(PW)を持って正解、ピンハイに。しかしまた上って下る8mのライン。なんとか1mオーバーで止めて2パットパー。

 ここまで2オーバー。しかし次のホール。

 7番谷越え165yのパー3。6アイアンでいつも右にふかせちゃう(でもプランB)んだけど、この日は左のピンに対し左へ引っ掛けてしまう。左足下がりで長めのティフトンにすっぽりという最悪のライ。おまけにグリーンまで8yはずっとティフトンが生えてて下手にクッションさせたらその場で止まってしまう。さらにグリーンからピンは5y。万事休すってやつ。

 高い球を打てる状況じゃないので強めの低い球でと思いPWを持つ。コンタクトはうまく行ったけどちょっと強すぎて反対側のエッジまで。3打目は馬の背を越えていくアプローチ、これもうまく打てたと思ったんだけど途中から加速がついてもう一回反対側のエッジへ。4打目のパットはカップを覗いたけど入らず、素ダボ。

 まあ全力を尽くしたのである意味仕方ないダボだけど、パー3でニアサイドへ外したというのはゴルフ頭がお粗末だよね。

 失意の8番パー4、ティショットは4Wで珍しく真っすぐ飛んだのに、左ラフ(左ドッグレッグなのだ)からのPWは持ち玉のトゥショットで大ショート。アプローチも得意のチャックリで乗っただけ。(実はここでちょっとトラブルがあったんだけど、それはまた明日にでも)2パットでくだらないボギー。何の変哲もないライから2回続けてミスするというのはヘタだ。ヘタすぎる。

 9番パー5も何とかかんとかパーオン、なんとか2パットであっぷあっぷのパー。



 というわけで前半は3ボギー・1ダボの41。速くなったグリーンに対応できていない事で2ストローク損した。でも、まだギリギリなんとかなるか、という感じで後半松コース。

 1番は383yパー4。ティショットは右のOBを怖がりすぎて左の斜面へ。きついつま先下がりのラフ、残り135yの木越えフォロー。当り損ないを見越して8アイアンのフルショットは100回に1回の完璧な当たり。ラインバッチリ、高さもバッチリ。これはベタピンか?と思ったら軽くフライヤーして風にも乗ったみたいで、30yもオーバーしてグリーン奥にOB・・・・orz

 これは想定してなかった。ナイスショットしてOBは凹むわー。っていうか、ショートしてもパーのチャンスあるんだから9アイアンを持つべきだったか。トリプルボギー。

 2番パー3、210yアゲンストを4Wで、グリーン左サイドへ。ベアグラウンドに近い左足下がりのラフからのアプローチ、グリーンはまたマウンド越えつまり上って下り、うまく打てたけど5mオーバーして2パットボギー。仕方ない。

 3番パー4はティショットまずまず、2打目5アイアンでグリーンエッジ、ユーティリティで1mに寄せ1パットパー。

 4番パー5、ティショット軽く打って280y(打ち下ろしだし)。軽く打ったほうが飛ぶのはなぜだ。2打目以降はアイアンをミスりながら3オン、2パットパー。

 5番パー4、ティショットはまた「軽く打つ作戦」を敢行するも腰を切るのを忘れてチョー左引掛け。2打目左ラフから打ち上げの175y、「ユーティリティクォーターショットで転がしあげる作戦」は力んで引っ掛けてサブグリーンのバンカーへ。グリーンまで40yのバンカーショット、50度でクリーンにうまく打つもキャリーが2y足りず乗らず。ユーティリティで50cmの位置に転がし、得意のダボオン1パットボギー。ティショットのミスが招いた、ダボに限りなく近いボギー。

 6番パー3、ティショット左手前ラフ、2打目はウェッジで60cmの位置に寄せ、楽々パーと思ったらカップに蹴られてクルリンパ。ボギー。短いパットほど慎重に打たんといかんとあれほど。まあ(普段重いグリーンだから)強く打つ癖が付いてるせいもあるんだけどね。

 7番パー4、ティショットはまた「軽く打つ作戦・リベンジ」を選択するもまた腰を切るのを忘れてチョー左引掛け。なんというか、策士策に溺れる的な?ちょっとうまく行ったからっていい気になってるよな的な?2打目はレイアップのつもりがチョロ。3打目残り90y、50度のクォーターショットのつもりがハーフショットになり70yしか飛ばず、つまり乗らず。こんなことならフルショットして奥に乗せとけよ的な。ウェッジでなんとか寄せ、またダボオン1パットボギー。

 そして8番パー5。結論から言うと素ダボだったんだけど、ティショットフェアウェイ右、2打目M岡くんに譲ってもらったスプーンを強振してチョロ、3打目もう一度スプーンを振り回してダフリ、4打目9アイアンはショートしてグリーン手前、アプローチは3m、入らず。フェアウェイから15度のスプーンを使うのはまだまだ早いようだ。っていうか真面目にラウンドしなさい。

 最終ホールも2オンせず、アプローチは寄らずのボギー。というわけで。

seiseki201810281.jpg

 ひどいスコアだ。最低でもHDCP+2ぐらいでラウンドできんか?っていうか、

 どんどんどんどんどんどんヘタになっていってる気がするんだけど。
posted by hiro at 19:27| Comment(0) | 競技
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: