2018年10月09日

方向転換


 今回の競技は、ボビー・ジョーンズのよく知られている名言、「人は、自分が敗れたときこそ種々な教訓を得るものだ。私は、勝った試合からはかつてなにも学び得たことはなかった」というのを実感したらラウンドだった。

 あんまりゴチャゴチャ書いても仕方ないので、一言で。

つ べ こ べ 言 わ ず
き ち ん と 立 っ て
無 心 で 振 れ


 アウトサイドインがどうとか、ボギーペースとか、グリーンの真ん中を狙うマネジメントとか、そりゃあまあ大事といえば大事だよ。でも、お前はそういう枝葉にこだわりすぎて、本当に大事なことを忘れてないか?

 本当に大事なこと、それはきちんとしたアドレス。歪んだアドレス、間違ったアドレス、曲げにいくことを前提としたずれたアドレスは、練習場では打ててもコースでは役に立たない。っていうか高度すぎて素人には無理。真っ直ぐ立つのが、結局は一番簡単なきがする。

 きちんとしたまっすぐなアドレスを取ったら、後は(わずかな注意点に気をつけながら)思い切って振るだけ。シンプルイズベスト。



 グリップやスイングは上級者でも色々だけど、アドレスがいびつな上級者はほとんどいない。それがすべての出発点なんだよ。分かるか俺?小賢しい、小手先だけの細工では、肝心なときにメッキが剥がれるんだよ。

 というわけで、もう一度この言葉をアホな自分の脳に刻み込みます。

正 射 正 中 。

 (正しく立って)正しく振れば結果は後からついてくる。以上。




 ・・・でも、しばらくしたらまた忘れて「フェードがどうの」とか考えちゃうんだろうなあ・・・・
posted by hiro at 09:59| Comment(0) | 目から鱗(開眼)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: