2018年09月11日

大坂なおみ全米オープン優勝


 日本人が全米オープンに優勝する日が来るなんて、思いもしなかった。テニスだけど。

 テニスで言う「グランドスラム」には、4大競技(全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン、全米オープン)すべてを制覇するという意味以外に、4大大会そのものを指すという意味もあるようだ。つまりゴルフで言う「メジャートーナメント」と同じ意味で「グランドスラム」という言葉を使うみたい。

 よって大坂なおみは1つしか勝っていないけど「グランドスラムの覇者」になるんだよね。ゴルフとはちょっと意味が違うので面白い。


 さてその大坂なおみである。メジャー大会で優勝するのは錦織圭かそれとも松山英樹か、と言われていたのに、若干20歳の女の子がするりと抜け出し、女王であるセリーナをこてんぱんにやっつけて勝ったんだからそりゃあもう快挙というか驚嘆というか全米が驚いたというか。松岡修造なんて嬉しすぎて何かを突き抜けちゃって逆に冷静だったもんね。

 ハーフで二重国籍で日本に住んでたのは小さい頃のたった数年だから、純血主義的思想の強いこの国ではいろいろな意見が出てる。確かに肌が黒く、カタコトの日本語をしゃべる彼女の優勝を「日本人初の快挙!」と言うのはほんの少し違和感がある、と考える人がいても不思議ではない。

 でも、表彰式における彼女のメンタリティは間違いなく、他者を思いやり、和を尊しとする日本人そのもの、いや、そのへんの日本人より立派であり、素晴らしい和の心を持っていると思う。そういう意味で彼女は「お手本なるべき日本人代表」だよね。

 もっと言うと、彼女を悪く言う「純血の日本人」どもは、日本人の悪いところしか受け継いでいない「ダメな日本人を代表する人たち」なんだろうねきっと。

 「日本人らしさ」は外見や出自や育った場所で決められるのではなく、メンタリティで決められるべき。それは国籍だけにとどまらず、人そのものの評価と同じだよね。



 セリーナの行動については、「やっぱり農耕民族じゃなく狩猟民族なんだなあ」というのが感想。自分の信念を曲げないと言えば聞こえはいいけど、いくらそれが自分にとって正しい行動でも、権利や主張が強すぎる人は苦手だわ。審判に対する「男子選手と女子選手でペナルティの強さが違う」という主張はわかるし、事実そういう側面があるみたいだし、その主張が仮に正しいとしても、もっと別の方法や機会があったと思う。

 「もうブーイングはやめましょう!」って、お前が元凶じゃん!!って突っ込んだのは俺だけじゃないよね。


 正論を声高に叫ぶ人って、自分の正義に酔ってしまって単なるジコチューよりタチが悪いことがあるからねーってその言葉お前にそっくり返してやるわって?はい自覚してます気をつけます。
posted by hiro at 18:41| Comment(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: