2018年08月18日

一週間休みます


 一昨日のラウンドで一番良いショットは前進4打からの6アイアンのレイアップだった編者です。何のストレスもなく打てたなあ、あのショット。


 というわけで、あまりのヘタさ、進歩のなさにほとほと呆れ果てた私は、明日から1週間ばかりバカンス自分を見つめ直し、本当の自分のゴルフを探すための夏休み旅に出ます。

 自分のゴルフ探しの旅はゴルフを始めてから1000回ぐらい出ていますが、未だに見つけることができていません。そう簡単には見つからないでしょう。でも、それでも探さずには要られません。

 自分のゴルフはどこにあるのか。練習場にあるのか、コースにあるのか、アメリカ領グアムにあるのか。はたまた、結果にコミットしてくれるあそこにあるのか?ひょっとしたら現世ではなく、三途の川という名のクリークの向こう岸にあるのかもしれません。



 「自分のゴルフはどこかにあるものじゃない、自分で作り出すものだよ」という人もいます。だとすれば、単に努力が足りないだけでしょう。練習が足りないだけでしょう。

 現に、一昨日ご一緒させてもらった、ホームコースの代表選手も務められたO嶋さんは私ぐらいの年齢の時、「月曜日は完全休養、火曜日は1日練習場にいて、水曜日はアプローチだけ数百球、木曜日はラウンド、金曜日もアプローチだけ数百球、土曜日に仕事をして、日曜日は競技か試合か練習ラウンド」

という生活を何年も続けていたそうです。もちろん恵まれた環境にいたからこその日常ですが、やはりインターの選手代表やクラブチャンピオン複数回取るためには、週6回クラブを握るなど当たり前だったのでしょう。

 やはりそれぐらい努力をしてはじめて、「自分のゴルフ」ということが言えるようになるのでしょう。そう、こうやってアホな文章を書いてる隙があるなら1球でも球を打て。そういう事なのですね。

 O嶋さんと同じ1週間は過ごせないけれど、週6回クラブを握ることは可能です。「やっぱり大事なのはアプローチやで」とO嶋さんはおっしゃいました。そう、アプローチの練習ならば、私も毎日でもできる。


 というわけで、週3回のアプローチ練習を自分のノルマとすることをここに宣言し、夏休み旅立ちます。1週間後にお会いしましょう。
posted by hiro at 10:29| Comment(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: