2018年08月10日

一人予約ラウンド@茨木国際ゴルフ倶楽部


 思いがけす大作になってしまった。


 昨日は久しぶりに一人予約ラウンドを利用してのラウンド。こんなに暑いとなかなか一緒にラウンドしてくれる人がいないんだよね・・というのはウソで、本当は友だちがいないのである(涙)。

 いや、いつものようにホームコースでも良かったんだけど、たまには勝手知ったるホームではなく、他のコースで回りたいじゃん。どんなに大好きでも毎日ラーメンだと飽きるし。

 というわけで、久しぶりにパスタ、じゃなくてPGM系列の茨木国際ゴルフ倶楽部へ。ここはPGMグループでも「グランPGM」という少し格が高いコースというのがウリで、ウェブによると「日本を代表する威厳と品位を兼ね備えたハイグレードなゴルフ場」ということらしい。よくわかんないけど。

 同伴競技者は同じ世代の3名。皆さんゴルフが大好きな素晴らしい人たちで、一期一会のラウンドを楽しく過ごさせてもらった。

1-2018-08-09 07.13.08.jpg

 ここは一昨年・昨年と2回ラウンド(北・東)してる。北の平均スコアは41.5とまあまあだけど東は45.5とあまりいい成績じゃない。中でもパットの平均が37.5と酷い。ただ今回は東・西と初めてのコースがあるため、10オーバーぐらいなら上出来か、って感じでスタート。

 ちなみにここの特徴は「狭い」「短い」「そこそこの丘陵」「大きく、嫌がらせのようなポテトチップスグリーン」という感じ。つまりティショットとパットが鍵になる(伏線)。ただ、グリーンは表示こそ8.5ftだけど実際には8以下じゃないかと思うぐらい重い。真っ白に見える順目っぽい下りのパットが途中で止まっちゃうんだもん。もう完全に視覚でやられた。


 というわけで、覚えている範囲で。

 1番は短くまっすぐの打ちおろしパー4。下手するとユーティリティでもワンオンする。4アイアンでフェアウェイ右サイド、2打目ウェッジのコントロールショットはピン下4mに、2パットパー。

 2番もやや短めのパー4だけど、右サイドが法面、左サイドが谷底でフェアウェイは15yしか幅がない。右から低いフックで法面を利用してと思ったらまっすぐ出て谷の中腹のブッシュへ。ボールが胸の位置までくる傾斜、全英オープンを彷彿とさせるブッシュに為す術なく、真横に叩き出すも反対側の法面へ。3打目を冷静にフェアウェイへレイアップ、4打目こそきちんと寄せないと(←こう思った時点でミスショットは約束されているわけで)。ハーフトップでグリーン奥へ。5オン2パットでトリプルボギー。ここはドライバー持ったらあかん。

 3番は名物ホール。打ちおろし右ドッグレッグブラインド。フェアウェイは170yで一旦切れ、185yから200y付近に2段目のフェアウェイ、その先は池。6アイアンでティショットするも、右へ飛びすぎて2段目フェアウェイの手前ラフ。7番アイアンでもっと左狙いが正解だ。

2018-08-10 10.51.50.jpg

 さて、短く刈ったラフにボールがすっぽりはまり込んだ状態で残り115y。フライヤーになるのか距離が落ちるのかがさっぱりわからん。手前が池とバンカーなのでショートは絶対ダメだし、多分芯に当たらないで飛ばない可能性が高い。というわけで、飛ばない方に掛けて9アイアンで。グリーンセンターにオン。ラッキー。2パットパー。深いラフからはフライヤーより一番手上げが正解。

 4番は短いパー3。9アイアンで(たまたま)1.5mに付くも、「カップ見ながらパット」を試すもリズムが早くなるのか、それとも不安から手打ちになるのか、3パットやらかす。ボギー。

 5番、短め・打ち上げのパー5。ティショットは右サイドがいいんだけど左へ引っ掛ける。ラフ。2打目、7アイアンでレイアップのつもりがパーフェクトなトップボール。3打目右ラフ、またすっぽり。ラフはダメだね。残り130y打ち上げを8アイアンでマン振りするも右へ出てバンカーへ。寄せられず2パットでボギー。左ラフ・右ラフ・バンカーとトラブルだらけ。

 6番は打ち下ろしのパー3。過去2回とも右プッシュスライスでOBにしてるホール。165yフォロー、7で届くと思ったんだけど打つ時に風がやんで10y以上ショート。ここは何とか2パットでパー。

 7番も名物ホール、左に強めに曲がってるパー4。打ちおろしなので200y打つと突き抜け。4アイアンでフェアウェイを狙うも思ったより右へ出てまたラフにすっぽり。ピンまで150y、7アイアン。棒球になってひやっとするも何とかピン奥にオン。

 ラフから低めの弾道でどろーんと飛んでいくのはフライヤーだよね。でもそれだったら大オーバーするはずだし。フライヤー気味に当たってるけどヘタなので芯に当たらず、結果適正距離で飛んでるっていう感じなんだろうなきっと。

 奥からダブルブレイク、寄せられず3パットボギー。

 8番は365y右ドッグレッグで、左は210〜230yで突き抜けるパー4。スライス打ってる頃は打ちやすいホールだけど、フレループでフックしか打てない体になった今ではどう狙っていいのかわからない。4Wとかで打つのも1つの方法だけど、今日は練習ラウンドなので、正面の松から無理やりスライスを、ってつもりだったんだけどプッシュスライスになって右ギリギリ。あぶねー。

 2打目はまたすっぽりラフ。距離は120yだけどバンカー超えのピン。仕方なく花道に向かって。2オンするも20y以上の尾根を超えるパットが残る。右へ曲がりながら登り、下りに入ってからは左へ曲がり、カップ直前でまた右へ切れるみたいなライン。嫌がらせやね。これでグリーンが超激重(下りが途中で止まる)。当然のように3パットボギー。

 ヘタにグリーンに乗せるより、ピンをダイレクトに狙ってニアサイドに外したほうがパー取りやすいかも。

 9番は左ドッグレッグ、緩やかに打ち上げていくパー5。ティショットはさっきのイメージが残ってたのかこすりプッシュスライスで右の林へ。2打目6アイアンで出すだけ(スカ当たりだったけど結果オーライ)、3打目残り220y打ち上げ、届くはずもないのに4Wで強振して(アホすぎる)左ラフ。アホすぎる(反省のため2回書いた)。ウェッジショットはピン奥3mに、これが偶然入って今日はじめてのして最後の1パットパー。

 前半は4ボギー1トリプル(3パット3つ)の43。これでも東のベストスコアなんだぜ。トホホだろ。



 7時41分スタートだったので、ハーフが終わってもまだ10時前。軽く「夏野菜の冷製パスタ」などを食し、後半ははじめての西へ。若くて可愛いキャディさんに「西コースって東に比べてどう?」と聞いてみた(エロオヤジ)ら、「東より広くてOB杭が少ないです」とのこと。

 西1番、まっすぐ打ち下ろしのパー5。

2-2018-08-09 10.36.58.jpg

 ティショットトップ目ながら転がって280y。2打目190y打ちおろし、5アイアンで花道狙いのつもりだったのにピン方向へ。かろうじて2オン。2パットでバーディ。

 西2番、打ち上げの短いパー4。ティショット4アイアンは先に当たり最低の打感で右ラフ180y。それでも2打目はウェッジショット、ラフからトップして(ヘタだ)奥にこぼし、3打目アプローチは尾根越え、下りのくせに異様に重いグリーンを読めず大ショート、2パットボギー。300yを切るパー4でボギーって。

 西3番、広くてまっすぐの389y、サービスパー4。ティショットフェアウェイ、2打目9アイアンでグリーンセンター、2パットパー。

 西4番パー3。175yアゲンストとまあまあの距離。右サイドのピンに対し5アイアンでセンターを狙うもプッシュしてスライスして手前バンカー。奥目にオン、2パットボギー。

 おお、けっこう覚えてるもんだな(メモは取ってるけど)。

 西5番377yパー4。

3-2018-08-09 11.34.04.jpg

 ティショットは当り損ないのハーフトップスライスで右ラフ、200yしか飛ばず。2打目ピンまで195y、ユーティリティで右山裾からフック(ユーティリティはフックしか打てない)、珍しく狙い通り飛んでショットオブザデー、ピン下8mにオン、2パットパー。

 西6番347yパー4。打ち上げだけど距離も短いしフェアウェイにバンカーもないしそこそこ広いのになぜかHDCP1。ティショットそこそこ、2打目145yアゲンストで8アイアン、ちょっと短いかもと思いつつ打ったらリキんで手が遅れて右へ飛ぶという典型的なミスショット。左奥のピンに対し右手前にオン。20m近い、登って下ってフックしてスライスするライン。絶対ショートさせない気持ちで打ったらパンチ入って5mオーバー。加減を知らんのか。3パットボギー。7アイアンで普通に打ったほうが良かった。

 西7番、102yと短いパー3。ピンは一番手前。

5-2018-08-09 12.05.50.jpg

 ショートめに打つ勇気はもちろんなく、50度のウェッジでピン上4mに。触るだけのパットは一筋外れてパー。

 西8番、323y打ちおろしのパー4。右サイドは突き抜けて、左サイドも何となく気持ち悪くて伝家の宝刀4アイアンのティショット。フェースの先に当たりペチっという音を発して170yぐらいしか飛ばず。伝家の宝刀は竹光らしい。左足下がりからの2打目9アイアンは左ピンに対し右端にオン。また山を一つ超えるスネークライン。連続3パットボギー。

 最終ホールは打ち上げだけど444yと短いパー5。ティショットはまあまあでフェアウェイ、2打目ユーティリティでウェッジの距離にレイアップ、3打目50度のウェッジでピン奥5mにオン。バーディパットはカップの横を通過、パー。

 というわけで。

seiseki20180809.jpg

 パーオン率72.2%(13ホール)は「よくできました」だけど、6200y弱のコースだからね。それよりも40パットが酷い。ここはとにかくグリーン上が勝負。あと2打目をどこへ打つか(グリーンのアンジュレーションをどれだけ把握してて、ピンによって打ってはいけない場所をいかに避けるか)だね。

 というわけで、パスタはなかなか美味しゅうございました。追記 ボールは今回もブリヂストンのスーパーストレート。グリーンが柔らかいせいかそこそこ止まってくれた。ショートアイアンで前へ1m〜3m転がるって感じ(あくまでイメージです)。アプローチでも極端に止まらないっていう印象はなかった(まあそもそもスピン量をどうこう言えるような腕ではない)。「ああ、もうちょっとスピン効いてくれたら良かったのにな」と思ったのは1回あったかなかったか、って感じ。飛距離はV1とかと比べてドライバーで5%ぐらい、アイアンで半番手は飛ぶかな、って感じだった。
posted by hiro at 20:30| Comment(0) | ラウンド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: