2018年07月27日

第52回GB月例@愛宕原GC


 34度ぐらいだったらあんまり暑いと感じないようになってきた。体が慣れてきたかな、という昨日の愛宕原GC。それでも、一番暑い1時頃にはちょっと頭がぼうっとして残り30yから4打掛かったりしちゃったんだけどね。

seiseki201807261.jpg

 全長5678y、パー71と箱庭のようなコース。短いけど狭い。ぶっちゃけ、ドライバーいらないコース。ティショットでアイアン使っても2打目がウェッジだからね。でもアホなのでドライバー振り回して3発OB打っちゃった。



 この日のベストショットは西5番の2打目、残り210yの右山裾からの4W。軽いスライスでグリーンオン、2パットバーディ。左突き抜けはアウトなのに、自分でもびっくりするぐらいリラックスして打てた。

 ワーストショットは東7番、きつい打ち上げ+距離の長いホール。ティショットこそ右のカート道に当たって残り120yまでいったものの、2打目の9アイアン、何の変哲もない左足上がりから思い切りダフる。

 一緒にラウンドしたT田さんに「背中側から見てたけど気合(リキ)が入りまくってガチガチになってた」と教えてもらった。「(ミスする時は)すごくわかりやすい」とも。そうか。リキみすぎてる(たぶん肩が釣り上がってる)のか。良いヒントを頂いたぜ。今度からルーチンに畑岡奈紗ちゃんのぴょんぴょんを追加しよう。

 あと、相変わらずドライバーやフェアウェイウッドのティショットをチョロするんだけど。やっぱりスイングがどこか壊れてるような気がする。フレループ振りだしてからトップ位置が気持ち悪いんだよね。一度見てもらわないと。


 でも、たまにはこういうやさしいコースでリラックスしてラウンドし、いいスコア出すのは大事だね。ティショットミスしたらボギーかダボ確定、2打目がいつもミドルアイアンやユーティリティ、寄りようのないピン位置、近くに止めようのないカップ位置・・・みたいなコースでばっかりゴルフしてたら、だんだんゴルフが嫌いになるし。

 そういう意味で、愛宕原大好き。
posted by hiro at 11:43| Comment(0) | GB月例
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: