2018年07月25日

雲泥の差


 というわけできさいちを代表する名手2人とラウンドさせてもらった雑魚の私であったが、やっぱり3以下ってのはゴルフの質がぜんぜん違う。

 私:ミスショットがデフォ
 3以下:ナイスショットがデフォ

 私:良くてパー、悪いとトリプルボギー
 3以下:良いとバーディ、いくら悪くてもボギー

 私:OBや3パットが1ラウンドに1〜2個づつ
 3以下:基本OBや3パットは打たない

 私:年間平均スコア80半ば
 3以下:年間平均スコア70台半ば〜後半

 私:グリーン周りから3mに寄れば満足
 3以下:グリーン周りからチップインバーディ量産

 私:どうやって球を打ってるか未だにわからない
 3以下:呼吸するようにスイング

 私:勝負どころのパットをショートしたり引っ掛けたり
 3以下:気合を入れるとどこからでも入れてくる


 特にバーディの数とスイングの質。ただし、バーディに関しては彼らのような技術があるからこそで、私がいくらバーディを狙いに行ってもダボになるのがオチであり、つまりこれは単なる結果に過ぎない。



 問題はスイング。なんかね、上級者のスイングってね、なんというか、

 効率的なのよすごく。
 
 必要最低限の力でヘッドを走らせてるというか、よどみがないというか、最短距離でクラブヘッドが動くというか、エネルギー効率がいいというか、だから飛んで曲がらない。例えるなら私は白熱電灯で彼らはLED。

 はっきりしたことは、いくら白熱電灯が明るくしようと頑張っても、LEDにはやっぱり敵わないということ。ではどうすればいいか。

 設計図から引き直さないとダメだってことだ。

 でも、今からそんな事をして果たして間に合うのか?白熱電灯のまま「プチッ」と寿命が尽きるまで電気を流し続けたほうがいいのか?いっその事、ライザップでも行くか?

 薄暮友達のN條さんは「そんなに悩まず、ゴルフは楽しむことが一番!」と慰めつつ戒めてくださるんだけど、色々な欲がどうしても抜けないんですよねえ。と言いつつここ3日はクラブすら握ってないんだけど。
posted by hiro at 17:54| Comment(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: