2018年07月20日

3週間ぶりに交野CC


 先月の末、GB月例でラウンドした交野CCへ。9叩いた8番のリベンジだぜ。

 予想最高気温が38度とか、直前にO谷さんにアクシデントがあったりとか、15歳以上年上のK嶋さんが無事にラウンドできるのかとか、3週間前と同じキャディさん(よく喋る、大阪のおばちゃん的T中さん)がついてくれたりとか、色々とドラマがあったんだけどまあ何とか無事にラウンドできた。

1-2018-07-19 13.59.49.jpg

 ラウンド後のコレのために18ホール頑張った、って感じで。

 で、内容はまあいろいろ試しながら、っていうかこれだけ暑い中プライベートなラウンドだとどうしても集中力が保てなくて。

seiseki201807191.jpg

 出だしはいきなり左引掛けOB。5番はバンカーから2mに付くも一筋外す。6番谷越のパー4、左引掛けOB。肩を回すことばっかり考えすぎてスイングがフラットになりすぎてるようだ。自分のスイングはわからないね。

 そして8番。前回は白ティから池を越してやろうとマン振りして右プッシュ2連発OBだったけど、今回は緑ティだったので4Wで池の左手前を狙う。下の写真で人がいるところね。

2016-11-17 10.16.43.jpg

 池に届かないクラブを持つだけで心が楽になり、のびのび振れてフェアウェイ左サイドベスポジキープ。飛距離も十分出た。6アイアンで2オン、2パットパー。リベンジ成功。

 さっきの6番は打つ前から「谷を越さないと」というプレッシャーがあってOB。ここのティショットはほぼノープレッシャーで今日イチのナイスショット。そう、ゴルフの9割は技術ではなく心のあり方何だなあと今さらながら思う。つまりどれだけ心を凪にしてショットに望めるか、結果を考えずにスイングできるかだよねえ。

 アドレスした瞬間にもうショットは終わっていて球はすでに然るべきところに「在る」のだ。正射正中。とことん伸びる。遠くの世界にまで「戻る」。

 前半は2OB、3パット1つでボギーペース。

 後半は13番まではなんとか集中して1オーバーでラウンドしてたんだけど。

 14番パー5ではティショット左の林、2打目を強引に狙って(これがきっかけで以降ダメになった)木に当て、3打目出すだけ、4打目グリーン近くへ、5オン2パットの素ダボ。

 15番パー3は145yを8アイアンでピンハイ3mに持っていくもそこから3パットやらかす。返しの60cmを雑に打って外すという、集中力の欠如が招いたボギー。

 17番、18番はショットのミスもあったけどやっぱり連続3パットが悔やまれるよね。もうファーストパットが全部ノーカン。まあ暑さのせいだということにしておこう。


 明後日のキャプテン杯に向け、自分を見つめ直すいいきっかけになったラウンドだった、とポジティブに考えよう。
posted by hiro at 11:36| Comment(0) | ラウンド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: