2018年07月10日

成田美寿々に教えてもらう


 日本女子プロ界の「兄貴」こと成田美寿々。切れのいいショットと闘争心あふれるプレースタイル、見ていて気持ちのいいプロの一人だが、そんな成田美寿々にまた教わった。と言ってももちろん直接会ってではなくTVの中で、だけど。

 ちなみに前回教わったことはパッティンググリーンでバックストロークしないでボールを思いきり遠くへ押し出す練習。ラウンド前に何度かすると体の捻転が良くなってフォローが出やすくなる。これを私は勝手に「パットの素振り」と呼んでいる(厳密には素振りじゃないけど)。


 で、今回教わったのは衛星放送で流されていたトーナメントの練習風景から。旬のプロ数名によるレンジでのショット、アプローチ練習などが1時間ほど解説付きで流されたんだけど、これが本戦の中継よりだいぶ面白かった。そしてためになった。

 女子プロの多くが色々な練習器具、特に素振り用練習器具を使って体をほぐしたりしているとか、複数持って色々な素振りやウォーミングアップをする選手もいるとか、短いクラブでペットボトル+ゴムティを使ってティアップした球を打つとか、やはり一流選手は色々と貪欲に工夫をしているなあと。


 で、成田美寿々がアプローチやバンカーショットの練習をしているのを見ていると、1球1球別の的(目標)に向かって打ってたんだよね。何発も同じところを狙う、ということをしていない。

 まあこれはプロだからうまく打てて当たり前、ラウンド前の練習だからグリーンの転がりを見るためだから当たり前、と言ってしまえばそれまでなんだけど、逆に、

 あ、本番はどうせ一発勝負なんだから、私のようなヘタクソ野郎であっても、普段の練習であっても、何球も同じところを狙って打つのってほとんど意味ない、とまでは言わないけど実戦で役に立たないよね?

 と思ったのだ。それよりも、見た目のイメージと実際に打った感じを1球1球フィードバックさせることで距離感を養うほうがずっとためになるような気がする。


 というわけで、まず試しに練習場で30yと50yのウェッジショットを交互に打ってみたんだけど、これが意外といや想像の10倍ぐらい難しかった。つまり今までのような「30yを狙って20球、その後50yを狙って20球」という練習は(無駄とまでは言わないけど)ほとんど実戦向きではないということだ。そりゃあ何球も打ってたらどんなに不器用でもごまかせるようになるからね。でも本番は上にも書いたように常に1発勝負なわけで。

 上手い人は1yから初めて1yづつ狙いを伸ばしていったり、1ショットごとにクラブを変えたりと工夫して練習している。私も、残された時間は思っている以上に少ないんだから(練習に掛けられるお金も思っている以上に少ない)、工夫して練習しよう。


 まずは30yと50yを交互にだ!
posted by hiro at 18:37| Comment(0) | 目から鱗(開眼)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: