2018年07月09日

アプローチにおける腕の使い方


 ウェッジも買い替えたことだし、久々にアプローチの話題を。


 家でのアプローチのコソ練を再開して2週間、といってもその間に5回ぐらいしかできてないんだけど、1yのアプローチを100球ほど続けて打つと、1y特有の打ち方みたいなものがなんとなくわかってくる。いや、今までわからんと打ってたんかーい。はい。

 「1yのアプローチは、限りなくパットに近いショットである」はい名言キタコレ。ベースがショットであることは揺るがないけど、パッティングのテイストを入れるといい感じってことね。


 まず、クラブを短く持つこと。思いきってグリップの下ぎりぎりぐらい短く持つのが良さそうだ。

 ただ、それだとグリップエンドが体に当たりそうになる。そう私は背が低いのだ。ウェッジを短くしてもいいんだけどそれだとフルショットのときに困るしバランスも軽くなるし工房へいく必要がある。

 よって、懐を広くするため、ほんの少しボールから離れ、前傾姿勢を深くする。同時に下半身を固める。そう、この姿勢が私のショートパットの姿勢に近いのである。つまりこういうことだ。

「1yのアプローチ、アドレスはパット、スイングはショット」名言その2。その1と同じだけど。



 そして最も大事なこと。それは(前も書いたけど)、左肘を体にくっつけたまま、体の捻転だけで打つイメージ(あくまでイメージ)だ。もちろん器用な人は手で打てるんだろうけど、私の場合手を使うイメージを出すと99.9%ダフるかトップし、うまく当たる確率は除菌した後の細菌レベルになってしまう。

 特にスイングの始動が手からになってしまうとだめで、ミスショットの確率は99.9999%。ナイスショットはインゴッドの不純率レベルにまで下がってしまう(その例えは全然面白くないし、くどい)。



 ただ、ここからが難しいところで、全然手を使わないと工業用ロボットみたいな動きになるしそれだと当然まともに飛ばないので、実際には腕の振りも適度に使ってるんだろう。だから体だけで打つ「イメージ」なんだけど。

 では、実際に、体の腕の使い方はどうするのが正解か。たぶん、

 体が動くのが先で、腕はその動きによって「動かされる」

 というのが正しい、つまり

 腕を動かさないのではなく「腕を(体より先に)動かさない」が正解

 つまり「左肘を体にくっつける」という意識をすることで、腕が先に動かないようにしてるんだよね。あと、アプローチイップスから抜け出すきっかけになった、「トップからゆっくり下ろす」という気づきも腕が先行しないためのものだし、「アプローチでも肩をしっかり回す」というのも体幹を意識した動きを引き起こすためのものだと思う。

 こんなあたりまえのこと、何十年もゴルフしてわかってなかったんでっせ。みなさんどうおもいまっか?あほでっしゃろ?



 っていうか、わかっててもつい腕が(無意識に)先に動いちゃうから苦労するんだよね。というわけでアプローチは「出しゃばる腕をいかに抑えるか」ってことが大事なんだね。
posted by hiro at 10:24| Comment(0) | アプローチ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: