2018年06月22日

ミケルソン事件・謝罪


 ミケルソンが謝罪文を発表した・・・・・

I know this should've come sooner, but it's taken me a few days to calm down. My anger and frustration got the best of me last weekend. I'm embarrassed and disappointed by my actions. It was clearly not my finest moment and I'm sorry.

 もっと早く謝罪すべきだったと思うが、気持ちが落ち着くまでに数日必要だった。先週末、私は怒りとフラストレーションが限界を超えてしまった。自分が取ったあの行為は恥ずべき事であり、自分自身に失望もしている。あれは明らかに正しい行動ではなかったし、本当に申しわけなく思っている。


 謝るのかよ、ミケルソン。擁護した俺がバカみたいじゃん・・・・


 まあ、そう言われて改めてあの動画を見てみると、確かに投げやりな感じで球を打ったような気がしないでもない。でも、擁護したからいうわけではない(本当はある)んだけど、色々なパターンが考えられると思うんだよね。


 1,あの事件の日は本当に「2ペナを払ったほうが有利だ、戦略的だ」と思いながらやったが、あまりにも反響や批判が大きくなったので考え直してみるとやっぱり自分の行動が軽率だったと思い、謝罪文を発表した。(当日のコメントも謝罪文も本心)

 2,あの事件の日は本当に「2ペナを払ったほうが有利だ、戦略的だ」と思いながらやったし、コメントを発表した現時点もそう思っているけど、あまりにも反響や批判が大きくなったのでとりあえず立場上謝っておこうと思って謝罪文を発表した。(当日のコメントが本心で、謝罪文はポーズ)

 3,あの事件の時は酷いセッティングに相当むかついていて、ついカッとしてあんな行動を取ってしまった。でもその時はそうコメントするのは格好悪いしUSGAへの批判にもなるので当日は「戦略だった」とウソをついた。でもやっぱり本当のことを言ってきちんと謝るべきだと思い直し、謝罪文を発表した。(当日のコメントがウソで、謝罪文は本心)

 4,あの事件の時は酷いセッティングに相当むかついていて、ついカッとしてあんな行動を取ってしまった。でもその時はそうコメントするのは格好悪いしUSGAへの批判にもなるので当日は「戦略だった」とウソをついた。でも批判が大きくなったのでとりあえず謝罪文を発表した。(当日のコメントも謝罪文も本心ではない)



 まあ普通に考えれば3なんだろうね。でも、それだと最終日に13番でパーを取った時の喜び方、はしゃぎ方がいまいち説明つかないような気もするんだよね。だって、3日目のコメントがウソだったのなら、次の日は淡々とプレーするような気もするし。あのはしゃぎっぷりは「どうだい!俺は正しいんだぜ(USGAが間違ってるんだぜ)!みんなもそう思うだろ!!」っていう無言の主張だったような気がするんだよね。

 それに、彼はとっさに嘘をついたりポーズだけ謝罪するようなプレイヤーじゃないと思うんだけどなあ。だから、単純に1が正解だったりしてね。まあ、だとしてもミケルソンの軽率な行動の尻馬に乗った私も軽率だったということで。
 
posted by hiro at 12:12| Comment(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: