2018年06月06日

スロープレー


 右手の握力は17から23ぐらいまで回復。ようやく6割だな。これでも先週に比べると雲泥の差。明日はオーバーラッピンググリップならなんとかなりそうだ。


 さて本題。ヨーロッパツアーで新しいルールが導入される。以前から各ショットに制限時間(各組で最初に打つ選手は50秒、2人目の選手からは40秒以内)は設けられていて、前の組と間が空いたりするとそこから競技委員が計測し、それでも遅いとペナルティという感じの運営だったんだけど(うろ覚えなので正確じゃないかもしれない)たが、これを厳密に守ろうというもの。

 つまり、制限時間を超えるといきなりペナルティを課せられるということらしい。オーバーすれば1罰打。2回オーバーすると当然2罰打。

 ただし、1ラウンドにつき2回まで制限時間を倍にする救済が受けられるとのこと。まあ1日2回ぐらいはじっくり時間かけたいときあるよね、だからそれは許してあげる、という事だね。

 出場選手120人(40組)に対し計測員24人。25組目がスタートする頃には4時間ぐらい経過してると思われる(10分間隔で1時間に6組)ので、たぶん1組に1人付くことになるんだろう。

 こうまでして時間短縮を狙うのはやっぱり時代の流れなんだろうね。プレーが遅いやつを見てるとイライラするもんね(え、お前が言うなって?)すいません)。



 しかししばらくは混乱するだろう。これ、30秒ぐらいで警告出してくれるのなら良いけど、何も考えずにプレーして「はいワンペナね」って言われたらすごく怒るやついるだろうし。あと、時間が気になってミスするやつも出てくるだろうし。

 ワンペナ払ってまで時間掛けたいやつはさすがにいないだろうけど、グリーン上とかでもちょっとアドレスを外したりしたら40秒なんてすぐ経ちそうだしなあ。ヨーロッパツアーの選手でスロープレーヤーが誰かっていうのは知らないけど、日本には何人かいるしね。男子にも、女子にも。

 アメリカツアーでも、松山をはじめ遅いやつはいっぱいいる。先日のメモリアルでもパトリック・キャントレーとか酷かったもんね。少ないときで5回、多いときだったら8回から9回ぐらいスタンス直して飛球線方向を見るという動作を繰り返してたしね。見てて死ぬほどイライラした(だからお前が言うなって?マジすいません)。



 まあ石頭のR&Aのすることだからいくら選手から不評でもすぐ廃止にはしないだろうし、そうなるとUSGAでも導入される可能性があるし、そこまで来たらJGAも重い腰を上げざるを得ない。LPGAも然り。

 ただ、アマチュアの試合で導入されるかどうかは微妙(競技にキャディさえ付かなくなってるのに、計測員など付けられるはずがない)。エリートレベルの試合では導入されるかもしれないけど、私には関係ないしね。

 でも、プレーを早くする努力はルールに関係なくどんなゴルファーもすべきであり、ハーフ2時間を切るぐらいのプレーでラウンドできたら良いなといつも思う。思ってる。がんばれ俺。はい努力します。
posted by hiro at 18:21| Comment(0) | 規則(ルール)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: