2018年05月28日

OHA打法で5月月例


 疲れた。いつもの5倍は疲れた。

seiseki20180527.jpg
(ワンハーフアーム打法にしてはよくがんばったけど、競技は結果が全てだからね)


 右手は思ったほど回復せず、逆に木曜日のラウンドで無理が出たのか痛みが強くなってきているような感じだ。握力がないのは仕方ないとしても、スイング中の手首の痛みが辛い。

 で、どうしても右手をかばうからスイングが変になり、体のあちこちにおかしな力が入り、腕だけでなく首や肩などの筋肉が岩のようにガチガチになってしまった。何も考えずスイングできることのなんと幸せだったことか。まさに失ってはじめて分かる健康のありがたさ、などとジジイのようなことを言ってみる。

 右手が使えない(=左手主導でショットする)と、思い切り振れないのでショートしそうな気がしていつも以上にリキんでしまう。だから疲れる。実際にはキチンと当たればそんなに飛距離落ちないんだけどね。

 一番困ったのが微妙な距離感というか勘というか雰囲気というかイメージというか、そういうのが全然ダメになる事。特にショートゲーム。

 グリーン周りからのアプローチは強かったり弱かったり(まあいつもそうだけど)、ユーティリティを使えばパンチ入って大オーバー(いつもビビって緩んでショートだけど)、パットも左手主導で打つと微妙な距離感がでない(気がする)。



 つまりゴルフのスイングにおいて、

 右手はイメージを出すために使ってる

ということだよね。そういう事がわかったのは不幸中の幸いか、などと陳腐な結論で締めくくってみる。ああ、今度の木曜はコンペだし、3週間後にはキャプテン杯。早く治ってくれー!
posted by hiro at 17:37| Comment(0) | 競技
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: