2018年05月18日

フレループ導入後初ラウンド

 フレループがどんなにいい練習器具でも、1回練習で使っただけでスイングが変わったり結果が出たりするわけはないよなー、と思いながらのラウンド@ホーム。

 ちなみにフレループの素振りが私に教えてくれたことは、適度な縦のコック、手首ゆるゆる、レイトアンコック、そして説明が難しいんだけど、

「上半身の捻転」と、「コックを含む腕の動き(=クラブのスイングプレーン)」のシンクロ

 がキーポイントなのかなと。まあ要は「クラブ(ヘッド)がいちばん自然に上がりたい所にあげてやる(意識して変な動きをしない)」ということをフレループは教えてくれる、って感じかな。

 スカした言い方をすると、「自分(私)の意志でクラブヘッドをトップ位置へ持っていく」のではなく、「クラブが上がりたい所へ動く(手助けをする)だけ」という感じ。地動説から天動説へ、みたいな。



 で結果は。

seiseki20180517.jpg

 今年のベストスコアタイ、パット数26、3パットなしとキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!な内容。


 松2番はボール位置が左すぎて左引掛けOB。スイングのせいではない。

 松4番は2打目ユーティリティのミス、3打目木の下から脱出失敗、4打目出すだけの5オン。

 松最終ホールはティショットのミスからバンカー、バンカーから出ただけ、3打目右プッシュと3連続のミスでダボ。

 竹3番はティショットで小田孔明を意識しすぎてチーピン(OB)。


 ・・・といくつかミスはあったものの、他はそれを上回るようなナイスショットが続出!(パーオン率は悪いけど、もともとこんなもんだしね)

seiseki2018_1-5.jpg

 そのナイスショットをいくつか挙げる。ちなみにポイントとはいつもと違ってすごく良かった点のことで、自慢したい点という意味ではありません。


 出だし1番、ティショットは軽く振ってフェード、240yセンター。2打目150y打ち上げ、7アイアンで軽く振ってグリーン右奥。ポイント1:軽く振ってるのに飛んでる。

 松3番、2打目はミスショットするも3打目35yのアプローチがきちんと打てて1mに付きパー。ポイント2:ミドルレンジのアプローチがきちんと打てる。

 松4番、5打目のウェッジショットがピンを刺し距離もきっちり。ポイント3:一番下手なウェッジショットで距離も方向も球筋も狙ったとおり打てた。

 松5番、きつい左足下がりのラフから150y先の打ち上げ砲台グリーンに7アイアンでオン。ポイント4:悪いライからミドルアイアンできちんとコンタクトできた。

 竹1番、ラフ115y打ちおろしからPWのクォーターショットでフライヤーがかかってグリーン奥へ。ポイント5:フライヤーはきちんと打てないと掛からない。

 竹4番、ティショットいいショットでほぼ真っすぐ、2打目4Wいいショットでまっすぐ、3打目95yウェッジもいいショットででまっすぐ飛び、1.5mに付いてバーディ。ポイント6:パー5で3つ良いショットが続く事は非常にまれ。

 竹5番、2打目残り130y、9アイアンは当たりが悪かったのに真っすぐ飛んでピン下5mにオン。ポイント7:ミスショットの怪我が小さい。

 竹7番、2打目残り200y打ち上げを7Wで、完璧に芯を食ってグリーンまで残り10y地点まで。ポイント8:フェアウェイウッドがコースで芯を食うなんて何ヶ月かに1回の出来事。

 竹8番、3打目が残り90yで左足下がりつま先上がりのラフ、ウェッジショットで非常にうまく打ててピン奥4mにオン。ポイント2

 竹9番、ティショットは振ったわけでもないのによく飛び(ポイント1)、2打目90yをウェッジショットがピンハイ1mに付く(ポイント3)

 という感じで、とにかく普段無いような良いことがいっぱいあった。すべてフレループのお陰かどうかわからないけど、今までと違っていたのは確か。




 さらにそんな中で、いちばん気持ちよかったこと。それは、

 ショートレンジ(30y以内)のアプローチがほぼ完璧だったこと。

 パーオンした6ホールを除き、残りの12ホール中9ホールで1パット。1番でも60cmぐらいのパットを外してるので、すべてのホールでアプローチはほぼ思い通り、しかも芯に当たるナイスコンタクト。7割ぐらいが1m以内に付いた。こんな事は日本建国以来初めての出来事である。

 パットがたまたま良かったのもあるけれど、そしてアプローチもたまたまかもしれないけれど、フレループの素振りのイメージにより、突然、アプローチがすごく簡単に打てるようになった気がするんだよ。それが、上にも書いた、

「上半身の捻転」と、「コックを含む腕の動き(=クラブのスイングプレーン)」のシンクロ

 とにかくシンプルに、ボールを真ん中において、体の回転と腕の動きを同調させて打つ(同時にでもなく、どちらが主でもなく)。これで、少なくとも昨日のラウンド中はミスをする気がしなかった。



 まあまだ1回だけだし、たまたまかもしれないので何とも言えない。でも、少なくとも「ホームコース2ラウンド分の値段」でフレループを買って、後悔は1ピコグラムもない(鈍感ヘボゴルファーの感想だけど)。

 でもやっぱり定価2万円は高いよねえ。せめて1万円切るぐらいになったら超オススメできるんだけどなあ。

posted by hiro at 17:36| Comment(0) | ラウンド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: