2018年05月16日

フレループの使用感(速報)


 というわけで、フレループである。

2018-05-14.jpg

 家では素振りできない(ハムスターのおうちぐらい狭い)ので、昨日の夜さっそく練習場へ。

 ちなみにこのフレループは「ただ素振りするだけで正しいスイングが身につく」というのがウリで、シャフトが曲がっているために慣性モーメントが非常に大きく、正しいプレーンに乗せないとグリップに強い違和感を感じるという仕組みだそうである。つまり、これを振ってグリップに違和感がない、イコール正しいスイング(プレーン)という事だ。たしかに画期的な器具だ。

 (以下私の感想ですが、鈍感ヘボゴルファーの妄言なのであまり鵜呑みにしないでね)



 振ってみた。そこそこは振れるけど、わずかにグリップに違和感がある。これをゼロにすれば良いわけだな。ハーフスイングから丁寧に始め、どういう動きが違和感につながっているのかを探る。で、いくつかわかった。

1,グリッププレッシャーを緩めるのは絶対条件

 いくら正しい(と思われる)スイングをしても、グリッププレッシャーが強ければ違和感はなくならない。グリップを強く握ることは正しいスイングを妨害する、つまり正しいスイングのためには緩めのグリッププレッシャーは必須だ、と分かる。


2,左の前腕は「勝手に、自動的に」回旋する

 腕を振る気持ちは大事だし、その際に左前腕を回旋させる動きが必要なんだけど、これを自分から(意識して)行ってしまうとタイミングがズレてしまう。グリップを緩め、手が「勝手に」振られ、左の前腕が「勝手に」反時計回りに回旋する、そういう動きになるように意識して体を動かす必要がある。腕を動かす意識は必要だけど、最小限でしかも正しいタイミングでなければいけない

3,レイトアンコックは正義

 1と2に気をつけて振ってみると、自然とダウンスイングでレイトアンコックになる。つまりダウンスイングでグリップエンドがボールに向かうような動き。以前考えてた「手を振る」意識の場合、アンコックが早めになりそうな気がして矛盾を感じてたんだけど、「手が振られる」という考え方であればレイトアンコックは矛盾しない。

4,体全体の流れるような動きが重要

 そして最も重要なのは、切り返し直前から足はダウンスイングに入り、足から腰、腰から上半身、上半身から肩、肩から腕、腕からグリップ、グリップからシャフト、そして最後にヘッドへと正しく、順番に、そしてスムースに力が伝達されていくというイメージを持たなければいけないということ。それによってはじめて自分の力を100%クラブヘッドに伝達することができる。

 この流れのどこかでおかしな動きが入るとヘッドはアドレスの位置からずれ、スイングスピードは極端に落ち、飛ばずに曲がるというスイングになる。



 1回の練習でこれだけのことがわかったんだからフレループってやっぱりすげえわ。これからもフレループの素振り、実際に球を打つというのを繰り返し、上の4つをきちんと感じて矯正していきたい。

 しばらく使ってみてまた続報を書きます(鈍感ヘボゴルファーの妄言で良ければ)。
posted by hiro at 12:07| Comment(2) | 道具
この記事へのコメント
う〜ん、悩ましい・・・非っ常ーに悩ましい。
Posted by えーる at 2018年05月17日 12:04

>う〜ん、悩ましい・・・非っ常ーに悩ましい。

えーるさん、昨日のラウンド結果をアップしました。
私の感想としては、思いきって買ってよかった、です。

少なくとも、私が今まで買ったどの練習器具よりも効果が
あり、しかも即効性がありました。

ただし、人を選ぶと思います。私のように打感が安定しない、
そもそもヘタである、ドローが打てない、スイングに根本的
欠陥がある、センスも才能もない、手打ち野郎には良い矯正
器具だと思います。

初心者の頃にこの器具に出会っていれば、あるいはアプローチ
の病気になった時に出会っていれば・・・と思います。

でも、あくまで個人(トホホ野郎)の感想ですし、まだ使い
始めたばっかりなので、そのあたりは考慮いただければと。
Posted by hiro@ごる日々 at 2018年05月18日 17:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: