2018年05月15日

小田孔明が正解である根拠


 この日記のブログ版の方にはアクセス解析機能が付いてるんだけど、そこでよく読まれてる(人気の)エントリがいくつかあって、特にアプローチイップスの話、クラブのインプレッション(特にミズノのウェッジMP-R5W)、ゴルフ武勇伝関連、ゴルフ侍関連、「女性用ティ(レディスティ)考察」などは今でも毎日のように見てくださっている人がいて大変嬉しい。

 そんな中で、アドレス時のヘッドの置き方に言及した「4回目のレッスン」というエントリも地味だが人気が高い。このレッスンとはH田ゴルフセンターにいるNプロに5年前ぐらいに教えてもらってた時の事について書いたものなんだけど、で、久しぶりにそれを見直してみると、驚くべき記述があった。


 1回めのレッスン・・・ダウンスイングで左腰を引く
 2回めのレッスン・・・上体を突っ込ませずに腕を振る
 3回めのレッスン・・・脇を閉めてフォローでクラブを左(飛球線側)へ振りぬく
 アプローチ・・体を動かさずに腕だけで打つ・緩まない・加速する・左脇を空けない


 この1回目から3回目、もろに今やってる「小田孔明のイメージのスイング」の一致するんだよね。つまり5年前にもう答えが提示されていたのだ。

 これを習っていたときは当然「ゆっくり振って」いたのでうまくイメージできなかったんだけど、今速めのスイングテンポにしてみたらこれらがすべて歯車のようにピッタリはまるんだよね。

dio.jpg

 これで「最高にハイってやつだ。なじむ!実に!なじむぞ!」と高笑いするはずだったのだが・・・・・




 昨日届いたフレループの素振りをしてみたところ、それは微妙にダメだということがわかったのである。今日のエントリは無駄無駄無駄無駄ァァ・・・・

 えー、フレループのことは改めて明日。
posted by hiro at 11:38| Comment(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: