2018年04月30日

片手で230y


 日曜日は月2ぐらいでホームコースの薄暮プレーに行っているが、プレーするメンバーは常連さん的な人が多く、自然に顔見知りが増えてくる。そして皆、日曜の午後に家族を放ったらかし(?)にしてゴルフに来るぐらいだから立派なゴルフバカばかり(注:いつも書いてますがこの場合のバカは褒め言葉です)で、話も弾むしすぐに仲良くなる。

 もちろん私もそんなバカの1人であるが、このたび「ゴルフバカ師匠」という称号を手に入れる運びとなった。その顛末はこう。



 土曜日つまり一昨日の夕方、薄暮仲間のN條さんからラインが。一緒に薄暮へ行きましょうと。私は受けて立ちますと答えた。別になんということのない普通のやり取りだが、実はN條さん、4ヶ月前に右手を骨折し、まだ満足に使えない状態なのである。

 それでもゴルフをしたい彼は手術後すぐに左手一本で練習を再開。私もそれなりにゴルフバカの自覚があったが、世の中には上には上がいるものである。奥さんに黙って(?)練習場へ通うこと数ヶ月。ついに左手一本打法を会得したのだ。

 そして満を持して私に勝負を挑んできたのである。勝負はN條さんはレディスティから、私はバックティからのガチンコ。負けたほうが相手を「師匠」と呼ぶというプライドを掛けた本気の試合だ。



 で、N條さんのの左手一本打法なんだけど、きちんとクラブに当たる音がするし、ややプッシュしたり巻いたりするけれどそこそこ飛ぶし、1番でパー、2番でボギー。4番ホールのパー5では打ち上げなのに230yというスーパーミラクルビッグドライブが炸裂するしと驚くべき安定感。レディス用のクラブでレディスティからとはいえ、ショットの内容では完全に負けている私。

 その4番を終わってまったくの互角。しかし、片手の人に負けたとあっては元祖ゴルフバカの名がすたる。ここから本気モードに。

 この日はドライバーがだめだったけど、なぜかアイアンの調子がよく、5番140yから7番のコントロールショット、7番残り100yから9番のハーフショット、9番残り120yから8番のコントロールショットが珍しく完璧に打て、おまけに6番パー3では花道からユーティリティの転がしでチップインなどもあり、大人気なく圧勝させていただいた。

 N條さん、後半になると左手の筋力が持たないとの事でやや崩れるものの、ハーフを50前後で回られた。やはりとてつもないバカ、いや努力の成果であろう。私は試合には勝ったけれど「ゴルフバカ選手権」では惨敗したと思った(しつこいようですがここの「バカ」は「心から尊敬している」という意味です)。


 あれだけ左手1本で練習していれば、きっと両手が使えるようになる頃には以前の何倍もスイングが良くなっていると思う。ちょうどレッスンプロの中井学氏が手を骨折したあとスイングの真理に気づいたように。

 しかし片手で50ですか。片手で230yですか。いろいろな意味ですげえよ、N條さん。
posted by hiro at 12:08| Comment(4) | 雑文
この記事へのコメント
ユーティリティの転がしが好調のようですが、ロフトは何度のをお使いでしょうか?
Posted by yama at 2018年05月01日 08:44
yamaさん、どもです。

私が使ってるのはテーラーのロケットボールズstage2の#4で、
確か22度だったと思います。
Posted by hiro@ごる日々 at 2018年05月01日 17:38
やはりそれくらいのロフトがちょうどいいのかもですね。
ロケットボールズはほんと名器ですね。とくにタラコはstage2、さすがです。
Posted by yama at 2018年05月02日 13:21
はい、私の場合ユーティリティはそれしか入れてないので、
選択の余地がなかったとも言えますが。
ほんの少しランが出て、いい感じで転がってくれます。

7W(21度)でも良かったんですが、ちょっと長いので。
Posted by hiro@ごる日々 at 2018年05月02日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: