2018年04月16日

小平智、米ツアー初優勝


 小平智が米ツアー(RBCヘリテイジ)で初優勝。日本人5人目の快挙。

30708559_1789290144470434_4905114791065944064_n.jpg
GDOよりお借りしました)

 今回の優勝はもちろん彼の実力があっての話だけど、いくつかの幸運が重なったような気もする。まずは優勝争いとは関係のないポジション(最終組の約1時間前)で、プレッシャーを受けずにプレーできた事。上が崩れてくれたこと。プレーオフの選手が超有名選手ではなく、馴染みのある韓国人だったこと。そのキムが、終盤でパットの不調に見舞われていたこと。

 しかし、そういう幸運を呼び寄せるのも勝負の世界に生きる人間にとっては実力のうちである。何より正確なショットとパットがあってこそだしね。プレーオフ3ホールめのパットは鳥肌モノだった。強いわ。

 あと、今回の優勝を一番喜んでるのは古閑美保だろうね。天真爛漫な言動のせいか万人に好かれるタイプではない彼女だけど、悪く言う人はだいぶ減るだろう。っていうかいわゆる「あげまん」であることを証明したわけだし、アンチ古閑美保はぐうの音も出ないんじゃないかな。



 これからの彼がアメリカツアーを主戦場とするのか、それとも日本ツアーと掛け持ちをするのか、嬉しい苦悩を抱えることになる思うが、もしアメリカを主戦場に選んだとしても今回のように簡単には勝てないだろう。逆に本格的に参戦することで考えなくてもいいことを考えるようになったり、田中秀道プロのいう「PGAツアー病」に掛かってしまうかもしれない。美保ちゃんとも離ればなれになるしね。

 だから、今年はとりあえず掛け持ちをして1年掛けてアメリカツアーに馴染み、慣れてから(つまり来年度から)彼女とともにアメリカに移り住む、という感じで行くのがいいんじゃないかなと思う。プロギアがアメリカでサポート体制を作るのにも時間がかかるだろうしね。

 以上、素人の大きなお世話ですが。
posted by hiro at 19:31| Comment(0) | トーナメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: