2018年04月11日

パットのトリビア


 パットの話題を書いたついでに、パッティングについての健忘録。ただの健忘録だから大したこと書いてませんが。


 昨日の日記では、主にロングパットについて

・簡単なラインを残す

・ロングパットは入れにいかない

・超ロングパットは絶対にオーバーさせる


 と書いたけど、今日はそれ以外の一般論を。まあマスターズ見て思いついただけなんだけどね。



・大事なパットは真っすぐ強めに打つ

 大事なパットとは、朝一番の短いパット、めったにないベタピンバーディパット、良いアプローチをしたり、ダボを打った次のホールのパーパット、その日の流れをつかめる(あるいは変える)ようなパットなど。つまり「入ってほしい」ではなく「入れたい、いや入れねばならぬ」という状況での短めのパットだ。

 そういう時は、ラインを読んだり保険をかけるという打ち方ではなく、肝を据えて強めまっすぐに打つ。まあどうせ外すんだから(私の場合)、ビビって打って外すより前向きに外したほうが次につながるって事ね。

 強めに打って蹴られてもポジティブさをキープできる(流れが続く)けど、緩んだりしてヘロっと外したらダメージでかい。


・上りのパットは(あまり)曲がらない

 当たり前のことなんだけど、オーガスタみたいな速いグリーンでも同じ現象が見られたという事は、もうどんなグリーンでもそうなんだろうなと。目がある場合を除き、下からのパットは薄めに読む。読みすぎない。


・濡れたグリーンは曲がらない

 これもゴルファーなら常識の範囲で知ってることだけど、雨の日以外でも濡れたグリーンはある。朝露はわかりやすいけど、夏の夕方、急に気温が下がってきたときなどにグリーンがしっとりとしてくることもある。まあ夏の場合は芝が伸びてくる影響のほうが大きいかもしれないけどね。


・読みで迷った時はコースの全体傾斜を考える

 関西は山岳・丘陵コースが多い。つまり普通は山の中腹にコースはある。日照を考えると南斜面にあることが多い。つまりコース全体の傾斜も芝目も、原則的には南に向かっていると考えるのが一般的だ。もちろん例外はあるけれど、はじめて行くコースなどではグーグルアースで全体傾斜を確かめ、どちらが南かを考えておくと、迷った時に助けになるかもしれない。

 もちろんこれは一般論なので例外はたくさんあるだろうけど、例外に遭遇したときは諦めればいいだけの話で。



 以上、相変わらず頭でっかちで陳腐な内容。人間が陳腐だからお許しを。
posted by hiro at 17:58| Comment(0) | パット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: