2018年03月14日

上級者とは


 私が考える、上級者の定義。



 ドライバーショットをフェアウェイに置きにいける

 スプーンやユーティリティのティショットがドライバー以上にきちんと打てる

 パーオン率が50%以上

 フェアウェイバンカーで1番手大きいクラブを持たない

 グリーンサイドのバンカーから距離・球筋・スピン量を打ち分けられる

 アプローチがとても上手い

 どんなグリーンでもパッティングをアジャストできる

 短いパットを外さない



 言い訳をしない

 ナイスショット・ミスショットにいちいちはしゃいだり落ち込んだりしない
 
 けっして無茶な攻め方をしない

 でも、勝負どころでは乾坤一擲のショットを打てる

 スイングに力みがないのに、力強い



 しょうもないボギーを叩かない

 しかし、理由のあるボギーなら全然気にしない





 え、私?1つも当てはまりませんが何か?
posted by hiro at 11:49| Comment(2) | 雑文
この記事へのコメント
鋭いですね〜 フェアウエイバンカーから大きめの番手を持たない は胸に刺さりました
今 ハンデ7ですが 満足感はまったくありません なるほどの表現を参考にしたいです
Posted by 楽しく拝見 at 2018年03月14日 17:07
楽しく拝見様、ありがとうございます。

いやあさすがです!実はこの日のネタはそこから広げていったんです。あるゴルフ番組を見ていて、

「ホントに上手い人ってバンカーからでもきちんと距離打つよなー。俺なんてうまく打てたと思っても1番手落ちるから、噛んでるかきちんと当たってないんだろうなー。そういう微妙な部分が上級者とは雲泥の差だよな。よし、じゃあ上級者の定義を考えてみよう」

っていう感じで。そこに気づかれるとは只者ではありませんね。

HDCP7ですか!素晴らしい。でも、満足感がないという気持はすっごくわかります。ここから上は、どう上手くなるかではなくて、自分の形をどう固めていくかなのかな、と思ったりもしています。

お互い、もう少し上を目指してがんばりましょうね!!
Posted by hiro@ごる日々 at 2018年03月14日 17:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: