2017年08月29日

ホームコース月例


 木曜日のベニーCCで己の傲慢さと怠慢とセンスの無さと成長の無さに打ちのめされた私は、その日のうちに練習に行こうと思ったのだが歳のことを考えて泣く泣く自粛し、次の日こそ1000球ほど練習しようと思ったのだが悪いイメージをリセットした方がいいと思い断腸の思いで自粛し、土曜日に満を持して練習へ行き、200球ほど気合を入れて打ってきたのであった。

 そこでわかったこと。

・私の場合、やっぱりドライバーは右へ曲がる球のほうが(比較的)安心かつ安定して打てる。持ち球ってやつですな。ドローを打とうとしたら極端なプルかプルフックが高い確率で出る。

・でもアイアンは比較的ドローが打ちやすいっていうか、きちんと打てたらナチュラルにドローになるはずなのでドローのイメージを持ってもいいのかなと。

・バックスイングで肩を回す(上半身をしっかり捻転させる)のも大事だけど、フォローで右肩が回転していく(胸が飛球線を向いていく)のも大事だなと思った。特にアプローチ。

・緩まずにスイングするって思ってても実際には難しい。でもゆるんでたら一生上達できない。

 みたいな気づきがあって。相変わらずレベルの低い気づきだけど、やっぱり暑くても忙しくても最低限週一回は練習しないとあかんなと思った。




 というわけで、たった1回の、付け刃の練習(と気づき)を持って臨んだホームコースの月例競技。で、またスカタンな結果になるのはもうまったく自明の理である、と思ってたんだけど。

seiseki20170827.jpg

 何故か70台キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! いや、自分でもわけわからんのですが。

 たぶん、無欲で臨んだのが良かったんだろうね。調子が良くて、欲が出れば自滅する。調子が悪くて、自分に期待しないで回ればそこそこの結果が出る。だからゴルフは面白い。みたいな。




 反省点は2〜4mのパットの確率が悪かったこと(4回ぐらい外した)と、後半7番の素ダボ。

 その7番。何度も紹介してるけど、竹コースで一番ティショットが難しいパー4。

3802_7.png
(ショットナビのデータを一部改変)

 コースはほぼ左に90度ドッグレッグしていて、バックティから240yで突き抜けてラフ。右はすべてOB、左は木の生えた小山(マウンド)があり、その間口は35y。つまり200y先の35yの間をきちんと通し、210yから240yの間にボールを止めないとフェアウェイに残らないし最悪2打目でグリーンを狙えなくなる。

 ドローヒッターやティショットで高い球が打てるパワーヒッターならマウンドの上を狙えるので逆に狭くないんだけど、私のような中途半端なスライサーはお手上げなんだよね。

 で、過去のラウンドではドライバーを持った場合、右OBが50%、左のマウンドに当たるのが49.9%という統計結果が出ているので、最近では4Wで220y地点を狙う攻め方に切り替えた。まあそれでもフェアウェイへ行くのは3回に1回ぐらいなんだけど。

 で、今回は4Wで右プッシュ、あーOBだ・・・と思ったら、何とかギリギリ残ってくれていた。2打目は7アイアンのハーフショットでピンまで残り60y地点へ。ここまでは良かった。

 3打目、一番手前に切られたピンに対し、65yか70y打ってグリーンセンターに乗せればいいものを、

パーが取りたい欲が出てピンを狙ってしまい、ゆるんで50yしか飛ばずにボギーオンならず。

 後悔先に立たず。12yから3mに4オン、入らずダボ。

 ティショット失敗してるのに何でパー狙いにいくかなあ。必死でボギー取りに行かなあかんのとちゃうの?そんな状況でパーが取れると考えるのは、思い上がりっていうやつとちゃいますか?



 つい最近までアプローチは日本で一番ヘタだったくせに、ちょっといい気になりすぎ>俺。よく反省するように>俺。
posted by hiro at 19:37| Comment(0) | 競技
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: