2016年10月31日

「コースで一番手飛ばない問題」検証とWGC優勝


 昨日は「愛と健康と捻転」をテーマに、久しぶりの薄暮プレー@ホームコース。

 ティショットはまあまあ良かった。アプローチも良かった。でも、フェアウェイから打つアイアンが全部トップ。なんだろう捻転を作ることでスイングがギクシャクしてしまってるような気もする。まあそれでもやり続けるよ俺は。

 ただ、アイアンもティショットやラフからのショットは良かった。ラフから130yを9番で打ってグリーン大オーバーとか。これはフライヤーがかかった=きちんと振れてるってことだもんね。

 あと、捻転をお手軽に作るには、松山英樹みたいに右足をちょっと内股っぽく構えると意識しやすいことも判った。捻転が浅いと引っ掛ける諸刃の剣だけど。



 さて、その松山。WGCという大試合で7打差の圧勝。2日目後半からノーボギーだし、ステンソン、マキロイ、ファウラー、ガルシアなどがいるフィールドでなんだから、もうこれ以上ない王者の勝ち方だったよね。

 これまでと違い、3日目でトップに立ち、その差を引き離して勝った。これは彼の経験値を一気に引き上げる、価値ある勝ち方だ。

 これでアメリカツアー3勝。マルちゃんの記録に並んだ。松山の場合は大試合ばっかり勝ってるけどね。で、猫も杓子もマスコミもファンも「次はメジャーだ」って言ってる。本人もその気だろう。私だって期待してる。

 ただ、彼がメジャーで勝つためには、まだ1つだけ足りない経験があると思うんだよね。それは、メジャー最終日、最終組での優勝争い。彼は今まで去年の全米プロでの4位タイが最高で、プレーオフはもちろん2位・3位にも入ったことがない。

 メジャーを18勝しているジャック・ニクラウスは2位だったことが19回もある。ダスティンもマキロイもジェイソン・デイもメジャーで「惜しい2位」や「悔しい自滅」を経験した後に勝っているしね。


 ニクラウスや彼らと松山を単純には比較できないけど、メジャーの女神はそんなに甘くないと思うんだよね。

 松山にはぜひメジャーで優勝を狙える位置からコテンパンにやられ、謙虚さとゴルフの怖さを知ってから優勝していただきたいな、と上から目線で憎たらしいことを書き殴るアンチ松山のワタクシであった。
posted by hiro at 18:35| Comment(0) | トーナメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: