2016年10月26日

アプローチイップス・ラストスパート

 グリーンエッジから、5y〜30yのアプローチ。一番簡単なはずのこのショットが一番ヘタな私であるが、結局は

 どうクラブを上げてどう下ろしたらいいのか

 が全然分かんなかったんだよね。


 手を使うのか体を使うのか、コックを使うのか使わないのか、グリップは緩めなのかしっかりめなのか、オープンスタンスなのか足を揃えて立つのか、体重移動をするのかしないのか、インサイドアウトなのかアウトサイドインなのか、などなど・・・・何回も書いてるけど。

 最近は不細工なパット打ちで何とか誤魔化してはいたけれど、やっぱり普通に打てるようになりたい。スピンが適度に効いた、低めの球が打ちたい。そう思って日々家練に励んでいた。


 でね、ようやくその「どう上げて下ろすか」がおぼろげながら分かってきたような気がする。きっかけは、ハンドファーストすぎた構えを修正したところから始まる。そしたら、なぜかすっとクラブが上がってそのままストンと落とせたんだよね。あ、ひょっとしてこれかも、とおぼろげながら思ってた。

 そして先日、某番組で永野竜太郎プロのショートアプローチが真後ろのカメラから捉えられてて、「クラブヘッド」がインサイドインではなくほぼ真っすぐ引かれ真っすぐ出ている事に気づいた。

shortapproach_head.jpg
こちらのウェブから写真を拝借しました)

 こういうことね。これでいろいろなことが「ストン」と腑に落ちたんだよね。グリップがずっとへそを指すし、クラブヘッドを「胸の正面で」「上げて下ろす」形になるし、グリップも変な動きをしないし、コックも自然になるし。

 これでちょっとわかったような気が。そのイメージを私流に具体化すると、こうなる。


・グリップはテンフィンガー、絶対に左手の小指が緩まないよう

・アドレスは左足を少し下げた軽いオープンただしひざは平行

・フェースは軽くオープン、ハンドファーストはわずか

・バックスイングは左手親指が指す方向へ(=ヘッドが飛球線まっすぐ後ろに上がる)

コックはナチュラルに入る

・切り返しで一呼吸(ゆっくり下ろす

・ダウンスイングはソールのヒール側を地面に「落とす」感じ(自然とタメができる)

・フォローは意識しなくてもいい

・右サイドから左サイドにクラブを振るのではなく、体の正面でV字型に動くイメージ

肩主導でスイングする



 で、こうやって整理してみてわかったんだけど、これ、ほとんど、フルショットと同じなんだよね(まったく同じじゃないけど)。遠回りしたけど、どうやらこれが正解のような気がする。

 まあ、分かるのとできるのは違うし、練習でできるのとコースでできるのも全然別問題だけども、少なくとも間違っていないという自信はある。たぶん・・・。


 でも、クラブを上から下へおろす、というのはこういう事だったんだと分かるような気がする。



 えー、もうこれで許してください、ゴルフの神様。
posted by hiro at 12:30| Comment(0) | アプローチ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: