2016年07月30日

特別室


 昨日、よく行くコースのウェブを見ていて、以下のような文章を見つけた(一部改変しています)。



★【お願い】●月●日(火)〜●/●(水)のあいだ、風呂改装工事につき、2階特別室のお風呂をご利用頂きますようお願い申し上げます。(下線は編者による)



 刺青をしている人はゴルフ場の風呂に入れない。っていうか、そういう職業の人はゴルフ場を利用できないことになっている・・・・

 建前上は。

 例えば、親分の出所祝いコンペとか、若頭の誕生日コンペとか、「組関係者」ということがすぐに分かるような利用は現在ではたぶん無理だろう。暴対法の締め付けは相当厳しいと聞く。

 ただし、組関係者が「プライベート」で「以前からメンバーだった」ところの「ホームコース」をラウンドする場合、ある程度のお目こぼしはあると思われる(コースによると思うけど)。


 私自身、そういう職業は反社会的でありけっして肯定はできないけれど、「組関係者」である前にゴルフが大好きな「一人のゴルファー」である、という人までゴルフ場から排除するのはどうか、とは思う。

 そういう組合(?)にはゴルフの事が大好きな人が多いと聞くし、昔ならともかく、最近はそういう人はコースに迷惑をかけたり傍若無人に振る舞う事はまずないと聞く。むしろ一般ゴルファーよりも礼儀正しい人が多いらしい。

 ただし、いくらプライベートで礼儀正しくラウンドするとしても、彫り物がある身体で大浴場に入ることはご法度である。そしたらどうするか。下っ端はそのまま風呂に入らず帰るんだろうけど、そこそこ大物だったりコースと懇意だったりする場合は・・・・

 そう、そこで「特別室」の風呂なのである。



 噂には聞いたことがあるけど、都市伝説の1つで実際にはよっぽど特殊なコースでないと無いものだと思ってた。でも実際にあるんだねえ。

 本音と建前のわかりやすい例というか、裏世界の一端を垣間見た気がするというか、50年以上生きていてもまだまだ知らないことってたくさんあるんだよなあ、って思った。
posted by hiro at 11:10| Comment(0) | 雑文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: