2016年07月25日

キャプテン杯決勝

 コースを代表する雲の上にいる上級者3名と、ほぼ初顔合わせで、長丁場27ホール、しかも決勝戦、そしてフルバック。

 ・・・・・とにかく疲れた。精神的に。




 最初のハーフは短い梅コースから。ティショットは幸いきちんと当たり、去年の悪夢を払拭。それどころか、長めのパットが入っていきなりモーニングバーディ。これが吉と出るか凶と出るか。

 2番で想定外の(ナイス)ボギーを叩くも、3番は下り2mが入って寄せワンのパー、4番はバーディ逃しのパー、5番もカラーから2パットでパー。パットの調子がいい。

 6番、ここは距離は短いがグリーンの傾斜がキツく苦手なホール。ボギー計算だったんだけど、ピン上からの超速い5mがラインに乗って2つ目のバーディ。ラッキー。

 7番パー3もバーディ逃しのパー、8番もボギーの計算がティショット(4W)・2打目(8I)・とも完璧でバーディパットはカップに蹴られてパー。

 9番パー5、3打目PWのはちょっと緩んでしまってグリーン手前1m。そこからパターで寄せて、と思ったらラインに乗ってチップインバーディ。梅の自己ベスト、34の2アンダー。

 謙虚に静かにラウンドすることでゾーンに入ったのだろうか?でもまあとにかくパットが抜群だった。ハーフ13パットも自己ハーフ最小タイ。

 ・・・なんかね、自分の一番いい部分だけが出たような、奇跡的な9ホールだった。




 松のティグラウンドへ移動すると、カートが2台止まっている。先行組だ。皆和気藹々とおしゃべりをしている。まあキャプテン杯の決勝に出てくる人はほとんどが研修会で顔見知りだからね。私のような「野良」のほうが珍しい。

 その私はアイスバッグに氷を詰めたり、軽食を摂ったり、飲み物を追加するためにその場を離れてたんだけど、「HDCP9で3位通過のhiroって馬の骨が梅で2つ潜った」という噂はたちまち広がり、それが参加者の衝撃を与えたらしい。ただでさえ9つもHDCPがあるのに、グロスで後続に5打も6打も差を付けてるんだから。

 こうなると、そいつがとんでもない大叩きをしない限り追いつくのは不可能。というわけで皆はガンガン攻めた、がその結果大叩きが続出したらしい。まあ、これは後から聞いた話。

 そして20分ほど待って松コーススタート。その馬の骨、







































50も叩いてやがんの!!

わはははははははは。

( ;∀;)
あ〜〜〜〜〜〜あ。


 アイアンはダフりまくるわ。

 アプローチでトップするわ。

 残り80yから100y打って奥へOBするわ。

 空振り寸前のアプローチはするわ(この後、保険のため持っていったチッパーを使いまくる)。

 パー3で攻め方を間違え、ピン狙ってダボ叩くわ。


 そして極めつけ。

 普段めったにOBが出ない、広い広いパー4で右プッシュスライス2連発OB。

 最終ホールも4オン素ダボ。

 
 ・・・なんかね、自分の一番悪い部分が全部出たような、(ある意味)奇跡的な9ホールだった。





 いやーしかし面白いねー。だからゴルフはやめられない(強がりです念のため)。

 昼食時に計算してみると、ここまででトップのHDCP6の人と(ネット)3打差、HDCP4の人と2打差、HDCP8の人と1打差で4位。他の組の人は分かんないけど、この3人が(グロス)パープレーでも、こちらが2〜3打差ならまだなんとかなると考えた。つまり同組の3人に食らいついていけばまだチャンスはある。

 というわけで、竹コースは目標41を39に変更。リスクを犯してでも30台狙いに行く!ここからが本当の勝負だ!!

 1番パー4。ドライバー右プッシュも浅いラフ、2オン成功、バーディパットはカップをかすめてパー。

 2番パー3、本来はボギーで良しだけどパー狙いでピンまで届くクラブを持つ。ピン斜め上4mのエッジ。これも一筋外れてパー。

 3番はボギーホール。迷って迷って迷いぬいた挙句、4Wでフェアウェイキープ。2打目5アイアン、トップ目ながらピン下6mにオン、これもカップを覗きながらも入らず、パー。トップのHDCP6氏はボギー、3位のHDCP9氏はダボ。また流れがきてる!

 4番パー5、546y打ち上げ。ティショット、2打目ともまずまず、しかし3打目またしても5アイアン、フェードすることを見越してグリーン左サイドを狙うも、そのまま真っすぐ飛んで左端にオン。15m以上の長い下りのパットが残る。フックすると思ったらスライスして下り2mのパットが残り、ここで3パットボギー。痛い。もう少し時間を掛けて読むべきだった。

 5番パー4はバンカーショットが80cmに付いて砂イチのパー。

 6番、ヤーデージが240y、打ち下ろしが50yの名物ホール。しかもアゲンストが強くなってきた。1オンは至難の業だ。ここはボギーやむなし、そしてダボは絶対に避けなければ。ここもクラブ選択に迷い、左(OB)へ行く可能性の高いユーティリティを避け4アイアンで。低めのはふトップながらグリーン右手前。ティフトンの深めのラフから何とか乗せ、5mのパーパットは惜しくも入らずボギー。これで2オーバー。何とか予定通り。

 7番、スライサーの私にとって最大の難コース。405yで左にほぼ直角にドッグレッグしていて235y打たないと2打目が狙えない。しかも左サイドは木がせり出し間口が狭く、右へ吹けると即OB。

kisaichi_take_07.jpg

 上級者3人は軽々とドローでフェアウェイを捉えていく。

 ボギーホールだかリスクを犯してドライバーで勝負するしかない。曲がりの少ないスライスでフェアウェイ左ギリギリ、25y幅に打っていく、これしかない。今日一番気合を入れたドライバーはほんの少しヒールだったものの何とか狙い通り!フェアウェイをキープ。

 2打目、165y打ち上げ、ピンは右端。5番と6番で迷い、5番で持ち球のフェードが出ればちょうどか、と思ったらうまく当たりすぎて左奥にこぼれる。迷わずチッパーを持ち、1.5mに。

 マウンドの左傾斜面に切られたカップ。短いがボール1個は切れる。しかし絶対に外せない。ボール半個右を狙い、やや強めにヒット!完璧!!入った!!!と思ったらまったく切れずカップ右すれすれを無情に通過・・・・orz(このパットが後に大きな意味を持つことになる)

 8番パー5、3打目のウェッジショットをダフって手前エッジ、バーディパットはカップの横に止まり2パットパー。

 9番、フルバックから392yの超打ち上げ。実質430y。2打目180y打ち上げをUで打つもダフって手前ラフ。そこから横6mのエッジへ。30台と入賞を掛けたパットはわずかに届かずボギー。40でホールアウト。

 良くも悪くも、普段通りの自分が出た9ホールだった。



 というわけで。

seiseki20160724.jpg

 結果は同伴競技者でHDCP4のMi本氏がグロス114、ネット108、トータル215ストロークで優勝。

 2位は同じくHDCP8のF井氏、グロス123、ネット111、トータル218で獲得。

 3位はHDCP9、グロス124、ネット110.5、トータル218、松のカウントバックで涙をのんだhiro氏。7番のパーパットが入ってたら2位だったんだけどね。

 4位も同伴競技者のMa本氏、HDCP6、グロス119、メット110、トータル219ストローク。

 最終組が4位までを独占するという、珍しい展開となった。




 善戦はしたと思う。最後の9ホールは自分としては頑張れた。3位にも入れた。でもね、

やっぱり50はないやろ50は。



 今回の教訓:競技は怖い。しかし面白い。でもやっぱり悔しい・・・・・
posted by hiro at 14:39| Comment(5) | 競技
この記事へのコメント
お疲れ様でした!
本当に悔しい思いですね。でもその経験が羨ましいです。
心なしか
アプローチで(ρ°∩°)…みたいな話が減ってるような!


124?ハーフ41.3
ハンデが減りますの(^_^;)
Posted by at 2016年07月26日 05:13
Posted by ナベオ at 2016年07月26日 05:14
お疲れ様でした!
本当に悔しい思いですね。でもその経験が羨ましいです。
心なしか
アプローチで(ρ°∩°)…みたいな話が減ってるような!


124?ハーフ41.3
ハンデが減りますの(^_^;)
Posted by ナベオ at 2016年07月26日 05:15
やりましたね!
おめでとうございます。
決勝で34は快挙ですよ。さらに3位入賞!
馬の骨の気持ち、よ〜くわかります。
さらなる飛躍を祈念しています。
Posted by yama at 2016年07月26日 08:23
ナベオさん、ありがとうございます。
嬉しさより悔しさがちょっとだけ強い、というのが今の心境です。

アプローチの話が無いのは、パターとチッパーと9アイアンを多用したからです。(笑)
ウェッジで打った時の成功確率は3割ぐらい、本番になるとまだまだですねー。

HDCP、減ったら嬉しいんですが勝つチャンスも減ってしまうので痛し痒しです。



yamaさん、ありがとうございます。
34はほんとにすべてがたまたまうまくいって、ラッキーなパットが3つあったおかげでした。
でも、34が出ちゃったから50叩き、50叩いたから優勝を意識せず40が出たって感じなので
ゴルフはやっぱり面白いです。

馬の骨的なアウェイ感は嫌いではありません。むしろマイペースでできるので回りやすかったです。
とにかく課題は見えました。あとは練習あるのみ!!
Posted by hiro@ごる日々 at 2016年07月26日 11:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: