2015年10月30日

やっぱりヘタです


 自分の下手さ加減に落胆と悲涙が止まらない編者ではある。やっぱりですかそうですか。

hosihyuuma.jpg

 昨日は奈良國際。いつもお世話になっているK嶋さんがスーパー割引券をくださったので、ゴルフ仲間4人と。天気も良く、風もほとんどなく、グリーンは完璧。11フィート弱出てたそうだ。で、そのパットが酷かったのかというとそうでもなく、いや酷かったんだけどそれは想定内の範囲で、

 酷かったのはやっぱり「テンパイ即リー全ツッパ」をスローガンに全ホール握っているドライバー。


テンパイ・・・麻雀で上がる一歩手前まで到達すること。即リー・・・テンパイした状態から、その良し悪しや上がれる確率などを考えず即「テンパイ宣言(リーチ)」すること。得点が高くなるが手を変えられなくなるという諸刃の剣。全ツッパ・・・他人の上がりなど気にもせず、必要ないものを全て即切りすること。つまりテンパイ即リー全ツッパとは「超攻撃的戦略」なのである。

 だから、狭いホールでOBになるのはそりゃあある程度仕方ない。でもそうじゃなく、

何の変哲もない広いホールでルーチンを守ってるのにいきなりとんでもなく酷いミスが出るしかも右にも左にも

 っていうのはもう「才能ないしやめたら?」の世界じゃないかと。酷すぎるだろうと。例えたら普通に道歩いてて段差も傾斜もないのに突然コケて怪我する的な。

 もちろんいいショットや良いパーもいくつかある。でも、

酷いホールが酷すぎるしそれも1つや2つじゃないってのが。

 例えれば野球だと1回2回を三者凡退で抑えたピッチャーが3回に8点取られる的な。マラソンで最初の数kmをトップで走り、4km地点でいきなり肉離れ起こして最初のカットオフ地点で終わる的な。

 ほんっっとに何十年やってもうまくならないいやむしろヘタになりつつある。


 というわけで。

seiseki20151029.jpg

 6番パー5はティショットが右プッシュスライスでWH。さらにショートアイアン、アプローチとミスが続いてトリプルボギー。

 7番は逆に超引っ掛けが出て隣ホールから戻すのに2打掛かる。

 9番もチーピンでWH。ティグラウンドから打ち直したのでOBと同じ扱い。

 11番、プッシュスライスOB。

 18番、2打目の7Wを引っ掛けて隣ホールへ。謝ってさらに3パット。

kitarounezumi.jpg

 辛いなあ。悲しいなあ。
posted by hiro at 18:31| Comment(0) | ラウンド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: