2015年10月26日

10月月例競技にて


 昨日はホームの月例。朝はちょっと涼しくなってきたね。

2015-10-25 07.51.53.jpg

 我々の1時間前にクラブ選手権決勝の組がティオフしていった。そう、今日は決勝。そのせいか、言い訳じゃないけど、ほとんどのホールで最難関のピン位置にカップが切られていた。言い訳じゃないけど。

 おまけに、言い訳じゃないけどグリーンはいつもよりだいぶ速い。それでも9ぐらいなんだろうけど、いつものきさいちは7ぐらいなのでこれでもだいぶ速いのだ。言い訳じゃないけどね、イメージがね。


 出だし1番、アプローチが珍しく80cmに付くも、まっすぐと読んだラインが曲がってボギー発進。いつもなら絶対に曲がらないラインなのに。グリーンが速くて堅いせいだな。言い訳じゃないけど。

 2番パーのあと、3番もフェアウェイからのアイアンを大ダフリしてボギー。暗雲が立ち込める。そう、今回、単純で感化されやすい編者はパープレーするつもりでラウンドしているのだ(笑)

 しかし4番パー5でカップ横2mに付いた、相当切れるパットが決まって1オーバーに。

2015-10-25 09.20.06.jpg

 5番〜7番までティショット、アイアンともまずまずでパットもやっと合いだしてパーオン2パットパー。8番パー5もティショットフェアウェイ、2打目右ラフ、3打目80yを左奥6mにつけてパー。

 午前最終の松9番、135y左足上がり打ち上げピン奥に対し7番で。うまく当てようという気持ちばっかり先行してヘッドが走らず、フェースが開いて大ショート。アプローチを3mに付けるも入らずボギー。それでも前半2オーバーなんだからまあ十分ではある。

 しかしこのまますんなり終わったら今ごろ片手ぐらいになってるだろう。後半9ホール掛けてトホホの証明をする私であった。



 1番パー4、左足下がりからのウェッジショットがトップし、グリーン奥のベアグラウンドへ。ここから絵に描いたようなチャックリ、4打目で3mに寄せ、これをなんとか沈めてボギー。

 2番パー3も絶対に打ってはいけない、左右のグリーンの間にあるボギー谷へ打ち込み、2打目が乗らす。エッジからパターを使ってギリギリのボギー。いかん。

 そして3番、苦手ホール。安全に行くならFWだけど、改心した私は迷わずドライバー。

2015-10-25 12.41.09.jpg

 ええ、左へ引っ掛けてOBですな。

 4オンもできずトリプルボギー。スライスもダメ、引っ掛けもダメなんだからこういうホールこそ開き直ってしっかり体ねじって振らないと。

 4番パー5もエッジからパターを使って必死のパー。

 5番はティショットが右ラフの木の下、低いスライスを打つも曲がりきらず手前バンカー、寄らず(5m)入らずボギー。

 6番30yの打ちおろし、235yのパー3。今日は強風しかもアゲンスト。7Wのティショットはちょっと左へこぼれ、マウンド越えのすぐピンという絶対に寄らない位置。乗せる優先で2パットボギー。

 残り3ホール、せめて70台そしてネットアンダー。そのためには残り3ホールで1アンダー。できるか?やるか?いつやるか?今でしょ(古い)。

 7番左へ90度ドッグレッグのパー4。難易度高し。ドライバーだと突き抜けるのでティショット4W、右ラフ。2打目はラフに浮いた絶好のライ、170y打ち上げだけど手前から転がす感じで5番を選択・・・するもまあまた酷くダフってグリーンのはるか手前を転がるマイボール。恥ずかしい。

 3打目で6mまでしか寄らなかったパットは登って下るライン。マウンドの途中つまりこのグリーンで一番難しい場所に切っていて、最初のパットはパンチ入って3mもオーバー。ああ今日はじめて3パット&ダボか・・・(いやトリプルボギーさっき打ってるし)と思ったらこれが奇跡的に入った。100%偶然のナイスボギー。

 こうなったら17番パー5であわよくばイーグル最低バーディ・・・などと思いながらゴルフをしてうまくいくわけがなく。強振した(バカだねー)ドライバーはまたしても左へ一直線、OB杭を越えていった(ようだ・・・)。ダボ。

 最終、意地でパーを取るも万事休すっていうか時すでに遅しっていうかどの口で3ホール1アンダーだっちゅーの。というわけで。

seiseki20151025.jpg

 OB2個、ドライバーの中ぐらいのミス(直接グリーンを狙えない、マイナス0.5打ぐらいのミス)が2個、アイアンの大きなミス3個。アプローチミス2個、ミスが出るのは仕方ないけどドライバーで5打〜6打ミスってるのは特にダメだ。


 ドライバーはリキまないように打ちましょう(左へのミスは全部それ)


 言い訳・・・できないねこれは。
posted by hiro at 20:36| Comment(0) | 競技
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: