2015年10月23日

GB月例@ひかみカントリークラブ


 丹波にあるひかみカントリークラブへ。恒例のゴルバカ月例。

2015-10-22 09.23.47.jpg

 関西には珍しく、非常にフラットな林間コースである。関東の皆さん、近畿にもこんなコースはあるんですぜ。少ないけど。

2015-10-22 10.31.42.jpg

 この日は某国からのちっちゃな贈り物(PM2.5ともいう)により山々は少し霞がかかっていた。それでも素晴らしい景色には変わりない。あと1ヶ月もすれば紅葉が見頃なんだろうな。

2015-10-22 111.06.44.jpg

 この日は7名のゴルフ馬鹿、いや失礼、精鋭たちが集った。いい年したおっさんたちのアホな話に花が咲き、気候もよく最高の1日。しかしラウンドの中身はうーんいつもどおりか。

 グリーンがもう難しくて4パットとかしてるし。アイアンは相変わらずダフりまくるし。アプローチは相変わらず怖がって半分の距離しか打てないし。良かったのはドライバーぐらい。

 というわけで。

seiseki20151022.jpg

 9ホールパーオンしてて7ホールしかパー取れず。寄せワン1つも無し。パーファイブ4つのうち3ホールで2打目を50y以内に持ってきてるにもかかわらず、ダボ、ボギー、パー。こんなヘタクソ見たことない!

 死ぬほどヘタなアプローチを3回、パットを3回、これさえ無かったら俺もちょっとはマシなんだけどねえ。あでも、マッツが(見かねて)教えてくれたんだけどアプローチのスカタンは(そしてたぶんアイアンのダフリも)、

 グリップ(や体全体)に力はいりすぎ

 ってことが原因なんだということがよく判った。如何に(体幹を)弛めずに(グリップや腕の)力を抜くか。これがショットとアプローチの鍵だね。
posted by hiro at 19:03| Comment(0) | GB月例
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: