2015年10月19日

最近気をつけていること


 え−、いろいろ試行錯誤中の編者です。

1200297117525.jpg

 アドレス:両肩をできるだけ地面と平行に(左肩上げない)

 バックスイング:左手親指を上に向けたまま(右へ倒さずに)右肩をしっかり後ろに引く

 切り返し:グリップのチカラを抜く感じで力まず

 インパクト:ビハインド・ザ・ボール

 フィニッシュ:右肩が目標に向くまで回す


 的なことを今してるんだが、さらにアドレスで

 肩の真下にグリップが来るよう、手をぶらぶらさせてグリップ位置を決める

 ようにしてみると、今までいかに球の位置(身体との距離)がいい加減だったかがよくわかって面白い(いや、面白くない)。


 で、そんなことをしているとドライバーはけっこう思い通り打てる、ような気がする、ようになったんだけど、

 アイアンがもうね、右プッシュストレートかフックしか出ない

 まあインサイドアウトに振れるようになってきてるってことで、今までのアウトサイドインによるへっぽここすり球か左引っ掛けに比べたらだいぶましなんだけど、やっぱりコースではダフっちゃうしね。最近(狭い世界の)色々なところでトレンドになってる、左手首の角度キープができてないんだろうなあ。


 でもだんだんスイングの本質に近づいてる気はする。「近づく」のと「分かる」のには大きな差があるし、わかったからってできるとは限らないし、一度できたからって次もできるとは限らないし、ある程度できるようになったからって本番(コース)でできるとは限らないし、本番でできても競技やコンペの日にでできるとは限らないし、競技やコンペの日にできてもここ一番というプレッシャーが掛かった時にできるとは限らないんだよなあ。

 で、様々な困難を乗り越え、プレッシャーが掛かった時にできるようになったとしても、いつの間にか忘れちゃったりできないようになったりするんだよな。

poruporu02.jpg

ほんとにポルナレフ状態。まだまだ道半ばどころか2合目ぐらいか。先は長い。
posted by hiro at 20:17| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: