2015年07月25日

命日


 今日は大阪の天神祭、そして弟の命日である。ちなみに私のウェブネーム「hiro」は弟の名前の一部から付けたものだ。


 21年前、青信号を直進していた弟のバイクを無視するように右折してきたバンにぶつかり、ほぼ即死だった。相手はヨボヨボの老人。「みえませんでした」だと。

 その後、簡単に書けないような修羅場が5年ほど続いて現在に至るわけである。いやあ大変っすよ旦那、犯罪の被害者(遺族)になるって。加害者のほうが100倍ぐらい楽(良心さえ捨て去れば)。まあ一番辛かったのは両親だと思うけど。


 とまあ20代後半で逝った弟は、結婚も家庭も知ること無くこの世を去った。もう辛いことを経験する事もないけど、楽しいことも永遠に感じることはない。でも、そう考えるのは生き残った人間だけで、本人の意識はもうどこにもないんだけどね。

 何万回も幽霊になって出てこいと祈ったけれど出てこない。あんなに兄弟思いだった弟なのに。だから死後の世界なんて無い。死んだら終わりであると私は結論づけた。死霊もユーレイもジバニャンも全部嘘っぱちである。


 それ以来、明日死んでもいいように、やりたいことを最優先する人生に切り替えた。もちろん「出来る範囲で」だけどね。それが俺の場合ゴルフだった。

 会員権を買い、毎週ラウンドし、ゴルフの仲間が増え、いろいろなコースや試合に行けるようになった。ゴルフ旅行もした。腕はまだまだヘタッピだけど、50歳を機にクラブ競技にも挑戦することにした。

 パープレーもホールインワンも2回経験したし、あとは目標といえばスコア64(8アンダー)と平均スコア70台と片手シングルと三大競技制覇(笑)とクラブ外競技の優勝と廣野・ペブルビーチ・オールドコースのラウンドとエージシュートぐらいか。仲間で海外か北海道にゴルフ合宿も行きたいなあ。1週間ぐらい。


 とまあいきなり半生みたいなものを語りだしたのには訳がある・・・というわけでもなく、ただ単にそろそろ弟の事も書いておきたいな、と思っただけだったりする。辛気臭い話を最後まで読んで下さってありがとう。


 まあこれからも愛と勇気と弟を胸に、ティグラウンドに立つ所存である。
posted by hiro at 12:40| Comment(2) | 雑文
この記事へのコメント
hiro師匠、どうもです。

ボクも長男で、弟に先に死なれたんです。
病気でしたけど。

死ぬ前の10年位はずっと病院で、胃瘻とかしてね。
もう辛そうでねえ。

弟が死んだ時、もう泣きつかれてヘロヘロになるくらい泣いたけど、その時ボクは「先に死んだ弟の分まで楽しまないとな」と思って、ゴルフもに限らず、外車に乗ったり海外旅行に行ったりしてやろうとw。

ウチと師匠とはちょっと事情が違うけど、弟に先に行かれる兄貴はなかなか辛いですよね。

と、ちとシンパシーを感じてこんなコメントしてしまいました。

最近めちゃ暑いので、ゴルフ中はご自愛下さいませ。
Posted by 王子 at 2015年07月26日 21:10
王子さん、そうやったんですか。
おんなじ境遇やったんですね。

病気で亡くなるのも辛いよね。ずっと向き合わないといけないぶん。

>その時ボクは「先に死んだ弟の分まで楽しまないとな」と思って、ゴルフも
>に限らず、外車に乗ったり海外旅行に行ったりしてやろうとw。

わかるわー。言い方が違うだけで同じだわー。
そう、何のための人生やと。明日死ぬと分かってて、誰が我慢すんねんと。
明日が明後日でも20年後でも一緒やないかと。生きてるうちが花やないかと。
「兄貴、生きてるうちに好きなことせな!」って弟が教えてくれたと
思ってます。

ゴルフ場で逝ってしまわないよう、十分気をつけます。
王子さんもバイク、くれぐれも気をつけてね!
Posted by hiro@ごる日々 at 2015年07月27日 10:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: