2014年08月29日

パインレークゴルフクラブ(その3)

 今週のラウンドも済ませたというのにまだ先週のラウンドについて書いているという、久々の大作である。編者がいかにパインレークを気に入ったかがよく分かる。Kさんに優待券を頂いた(ありがとうございました!)のでまた今年中に1回行きたいなあ。

 さて12番。一番短いパー3。118y。

IMG_1398.JPG

 あんまり覚えてないなあ。PW(△だからイマイチの当たりだったんだろう)でかろうじてオン、2パットパー。

 13番はHDCP2、430yと非常に長いパー4。まっすぐの打ち下ろし。景色が綺麗。写真は二打目地点左サイドから。

IMG_1399.JPG

 ティショットは芯を食って下り傾斜を転がり、270yショット。2打目150y左足下がり打ち下ろし、7と8で迷って迷って8を持って正解だった。ピン下6mにオン。2パットパー。

 14番346y。距離は短いけど狭くて左の狙い目にバンカーがある打ち上げのパー4。左バンカーまで235y。

IMG_1403.JPG

 ティショットはドライバーを軽めに打って左バンカー手前。2打目、何の変哲もないフェアウェイから7アイアン、今日ワーストのダフリショットでグリーン手前。またしても寄らず入らずでボギー。こういう取りこぼしがあかんなあ。

 15番。左ドッグレッグ、2打目地点から打ち下ろし&グリーン左サイドはアウト、のパー4。370y。

IMG_1405.JPG

 引っ掛けたらアウトっていうレイアウトの時はどうも右へ逃げすぎる。ティショットは派手なプッシュスライスでOB。打ち直しは左サイドラフへ。4打目地点からグリーンはこんな感じ。バンカー左端あたりにかろうじてピンが見えるだろうか。ちなみにバンカー右側の黄色いのはピンではなく看板ね。

IMG_1406.JPG

 つま先上がりのラフ。ここから左へ引っ掛けないよう、最新の注意を払ってアドレス、ピン奥6mにオン。で、この6mを気合いで入れるぜ!と臨んで下りスライスをどんぴしゃり。11番の3パットを帳消しにする1パットでOBバーディ(ボギー)。

 これで調子に乗った!と思った私であったが、次の16番パー3、またまたへっぽこトゥショットが炸裂!5アイアンはヘロヘロと飛び、右バンカーへ。2パットボギー。


 17番、2打目地点の右サイドはバンカー、グリーン手前200yの左サイドはずっと池というパー5。フェアウェイはそのプレッシャーからか狭く感じる。

IMG_1408.JPG

 ヘタレな私はティショットを5Wでレイアップ、フェアウェイへ。2打目は7アイアンで残り100y地点へ。ちなみに私はこういった「パー5の2打目を短いアイアンでレイアップ」する時、いつもその日一番良いショットが出るんだけどそれってノープレッシャーで打てるからだろうね。この時もUSオープンで通用するぐらい完璧な当たりだった。いや自慢にならないんだけど。

 3打目100yジャスト、50度(105y)でフルショット。きっちり5y奥にオン。そこから軽いスライスラインがきれいに入ってくれて今日はじめてのバーディ。いやもう次のホールで終わりだよ。

 18番、根性が試されるパー4。376y。2打目地点まで左がハザード。

IMG_1411.JPG

 グリ−ンへはそのハザードを越えた所、半島の先端。この日は左サイドだったからまだ狙いやすかったけどね。

IMG_1413.JPG

 ティショットはやや左に飛ぶもフェアウェイ左サイドをキープ。2打目つま先下がりからの池越え、9アイアン。「ヘッドアップするなよ球を上げようとするなよ球を追うなよグリップを緩めるなよ思い切って振れよ」と心のなかで10回繰り返してからショット。ライナー性の当たりながらグリーン左サイド、ピンした8mへ。

 慎重に2パットで沈め、後半はOBと3パットがあったにしては上出来の1バーディ5ボギー、40ストローク。というわけで。

seiseki20140821.jpg

 「そりゃあ、初めてのコースで、たまたま、80前後で回れたら気にいるわなあ」、という声を聞きつつお別れしたいと思います。
posted by hiro at 10:58| Comment(0) | ラウンド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: