2021年07月31日

久しぶりに工房へ


 10ヶ月ぶりにG工房へ。大阪の男女プロや強豪の大学生も通い、私が全幅の信頼を置く、いつもの場所である。今回行った理由は4つ。

・スライスしか出ないN條さんブラッシー(キャロウェイXhot)を何とかしたい

・トゥにしか当たらないドライバー、私にはもう打ちこなせなくなっているのか?

・RTX4の調整

・ファントムXの調整



 まずはブラッシー。重すぎる、ハードすぎると思っていたのだが、Gさんは持つなり「あ、ヘッド効いてないですね」との事。バランスを測るとC9〜D0。ヘッドか軽すぎるので硬めのシャフトの挙動と合わず、スライスするんだろうと。

 というわけで、まずグリップ交換、そしてヘッドに鉛を張ってもらってバランスを出し、終了。シャフトを切ったり変えたりという大手術も覚悟していたのだが、さすがGさんである。

 で、一昨日使ってみた結果は・・・重すぎて振り切れず、余計にスライスするように。っていうか、まあ1回も練習してないんだからそれがダメだよね。今度は大胆に短く持って打ってみよう。それでもダメなら相談だ。



 次にドライバー。ヘッドスピードがまだ落ちていないし、キャリーで220y以上出ているうちは大丈夫、とお墨付きを頂いた(でももし替えるなら、シャフト−ランバックス60S−だけ変えても良いかもしれませんねと)。

 そのうえで、グリップが少しヘタってきているのでヤスリで復活させてもらった。変えても良かったんだけど、今世界的なグリップ不足でツアーベルベットのグリップが全く入ってこないらしい。「紙ヤスリで十分復活できます」と言うことだったのでお任せした。これでまたばんばん芯に当たるようになるだろう。そうなると良いな。お願いします。

 で、一昨日使ってみた結果は・・・驚くべきことに、だいぶしっかり振れてしっかり打てるようになった。「グリップ復活させるだけで手の力が抜けて振れるようになりますよ」とGさんはおっしゃってたけど、こんなに変わるなんてすげえ。




 RTX4、ライ角もロフトも問題なし。少しだけフラットになっているそうだが、私はもともとアイアンもフラット気味なので問題なし。

 以前にもGさんに聞いたが、RTX4はやはり稀に見る名器らしい。ジップコアではなく無印、それがないならフォージドでもいいです、との事。

 ただ、無印RTX4は三世代前のウェッジでほとんど手に入らない。「今のうちに何とか予備を手に入れておいたほうが良いですよ」とまで言われたので、帰ってすぐ新品で売っているところを探し出し、2本ゲットした。残念ながらバウンスは今使ってるfull(10度)ではなくlow(8度)だけど。

 あと、溝がすり減らないようにバンカーで使わないことにした。バンカーショットは古いボーケイの58度でも入れとこう。





 それ以外にも、たくさん面白い話を聞いた。2時間ぐらい喋ったかなあ。

最近のドライバーではPGAプロ使用率の高い某外ブラのは出来が良いが、そのライバル外ブラのはイマイチとか。

上とは別でよく売れている某外ブラのドライバーは二世代前のヘッドが最高だとか。

最近のウレタンボールはスピンの効きが悪くなっているが、某国産ブランドBのボールがスピン性能が高いとか。

某国産ブランドの中の人は自社の現行ドライバーを使わず、わざわざ外ブラのを使う(国産ライバルメーカーでなければ目をつぶってくれるらしい)とか。自社ドライバーの出来が・・・という意味ね。

テンセイのシャフトはオーソドックスだとか。

 いやあ、広告やYOUTUBE見てたら全然わかんないよね。でも、言われてみれば確かにそうだ・・・・



 あと、パターの話になった時、パッティングは日によって、体調によって、また季節に寄ってフィーリングや調子が変わってくる(入らなくなる)ので、自分のエースパターを完全に1本に絞るのではなく2〜3本は常にキープしておいて、入らなくなったら変えていくというのは絶対的に正しいと言われた。

 私なんて全然毛色の違うエースパターが3本あるので、俺の考え方は間違ってなかった、やるじゃん俺って思った。
posted by hiro at 09:43| Comment(0) | 道具

2021年07月30日

ホームでMの会


 昨日はいつもの仲間とホームコースのMの会。といっても、同年代の女性2人、私より2回りほど上の男性といういつもと違うメンバー構成で。


 図らずも男性対女性のストローク勝負という感じになり、100を余裕で切った女性陣にボロ負けしてしまった。いやあ、女性は強い。暑さなどどこ吹く風って感じだもんね。

 そのボロ負けした私は前半ハーフで2連続OBなどがあり、大台寸前。グロスで女性2人に負ける。情けない・・・。後半なんとか頑張って80台で収まった。

seiseki20210729.jpg

 前半は50y前後のアプローチがことごとくショートしてグリーンに乗らないといういつものアレが、なんと9ホールで5回もあった。ヘタすぎる&学習能力なさすぎる。コンタクトそのものはミスではないので、苦手な距離(ショット)だから慎重になりすぎて緩んじゃうんだろうなあ。最近練習も行けてないしなあ。

 後半はクラブを1番手間違えたり、チャックリ気味のアプローチがあったり(30〜35yという中途半端な距離がダメ)したけど、2番では難しいバンカーからの砂イチ、8番でOBバーディ、最終はセカンドがピン下1.5mに付いてバーディと尻上がりで次(ってなにがあるん?)につながる上がりだった。

 
 しかし練習行かなあかんわ。暑いけど。
posted by hiro at 19:17| Comment(0) | ラウンド

2021年07月28日

ファントムX8.5は価格の価値があったのか?



 今年5月、通天閣の展望台のガラスを突き破り、フリーフォールするつもりで購入したキャメロンのファントムX。果たしてその費用対効果はどうだったのか?検証してみた。

 今年のラウンドで、ファイントムX以前、オデッセイ#7CS(1月2日〜5月4日)の22ラウンドと以後の18.5ラウンド(ワンハーフ1個含む)で比較してみた。5月4日以降もオデッセイ1回使ったし、季節とかフィールドとかも変わってるから単純比較はできないんだけどね。まあ参考程度に。



オデッセイ#7CS(ラウンド数 22)

・平均スコア 86.7
・総パット数 34.9/ラウンド
・最小パット数 28
・最大パット数 41
・3パット率 2.7個/ラウンド
・1パット率 3.9個/ラウンド
・バーディ率 0.5/ラウンド


ファントムX8.5(ラウンド数 18.5)

・平均スコア 85.1
・総パット数 31.6/ラウンド
・最小パット数 28
・最大パット数 39
・3パット率 1.3個/ラウンド
・1パット率 5.6個/ラウンド
・バーディ率 0.65/ラウンド


 驚くべきことに、ほとんどのスタッツが向上している。パット数は1ラウンドで3.3ストローク(!)も減少。3パットは1ラウンドに付き1.4個減り、1パットは同じく1.7個も増えている。

 バーディ数はもともと情けないぐらい少ないのであれだが、それでも30%の増加。




 ただ上にも書いたとおり、総パット数だけでは単純比較はできない。芝が伸びてきてアプローチが簡単になったら1パットの確率は上がるので、当然真冬〜春の方が長いパットが残りやすくなるし。というわけで、面倒だけどパーオンしたホールのパット数を比較してみた。

オデッセイ#7CS(ラウンド数 22)

・パーオン率 38.6%(6.9ホール/ラウンド)
・パーオンしたホールのパット数 329/151ホール = 2.18/ホール

ファントムX8.5(ラウンド数 18.5)

・パーオン率 30.3%(5.5ホール/ラウンド)
・パーオンしたホールのパット数 200/99ホール = 2.02/ホール


 パーオン率が1ホール以上違うね。だから、総パット数も0.5ストロークぐらいは補正しないといけない。それでも、ファントムXの方が2.8ストローク良くなってるんだけど。

 パーオンしたときのパット数は思ったほど差がないが、1ラウンド換算(18ホールすべてパーオンしたと仮定)した場合、オデッセイが39.24、キャメロンが36.36になるので約3ストローク良くなってる事になる。

 つまり、パーオンしたホールもしなかったホールも同じぐらい(3ストローク弱)パット数が減ってるということだ。やっぱり、パットそのものが良くなっていると結論づけて良いと思う。


 
 あと、上の数字には現れてないけど、オデッセイの時は4パットがいくつかあり、さらにパー5の3パット率が異常に高かった。しかし、ファントムXに変えてからは4パットなし(いや偉そうに言うことじゃない)、パー5での3パット率も激減している。

 これは長いパットの距離感もあってるし、短いパットを外す確率も下がっているという間接的な証拠になる、かもしれない。



 というわけで結論。ファントムX、値段だけの価値はありました!買ってよかった!
posted by hiro at 11:50| Comment(0) | スタッツ

2021年07月27日

ストレッチの効用


 伊藤”大魔王”美誠が宿敵中国を撃破。試合中のあの笑顔、中国選手は恐ろしかっただろうなあ。ハグを露骨に避けられた水谷は可哀相だけど、従業員(女の子)に聞くと「いくら嬉しくても、ノーパンの32歳のオヤジが抱きつきにきたらそら逃げますよ」との事。世のオヤジ諸君、金メダルを取ってもセクハラになる世知辛い世の中ですのでどうかお気をつけください。


 さて、今日は小ネタ。今年のキャプテン杯は(も?)実力をいかんなく発揮し、大自爆して終わったわけだが、その原因の15%ぐらいは治りきらなかった腰痛があると自己分析している。

 もともと慢性の腰痛持ちで、数年前からラウンド後に腰が張って、次の日の朝なんかは起きるときに「よっこいしょ」と気合を入れないと起きれないほどだった。

 それを私は「歳のせい」だと思っていたのだが、どうやら違っていたようだ。



 キャプテン杯の前に2回マッサージに行き、しっかりケアしてもらったにもかかわらず腰の筋肉は痛く重いままだった。その2回めのマッサージのときに「運動後にしっかりケアしてあげるほうが大事ですよ」と言われたのを思い出し、10日ほど前から、毎日、そしてラウンド後は特に痛む部分をしっかりストレッチで伸ばすようにしてみた。

 そして朝起きたときは寝床で腰痛体操(寝転んだままできる体操。詳しくはググってね)。

 すると、あれだけしつこかった左腰の痛みや慢性的な腰のだるさがどんどんなくなっていったではないか。そう、つまり私の腰は歳のせいではなく単なるケア不足、例えるなら雨のラウンド後に使ったクラブをそのままにしておいてサビが浮いていただけなのだ。

 ラウンドして疲労と細かく傷ついた筋肉をしっかり伸ばし、血行を促し、リラックスさせてやる。それだけで次の日の目覚めがぜんぜん違うのだ。

 青木プロもイチローも、試合前にはしつこいぐらい体のストレッチをしていたのは有名だが、それは怪我防止。そればかりがクローズアップされるけど、試合後のストレッチは筋肉のケアで、実はおっさんにはそっちのほうが重要なんじゃないかと思う。



 もう年だからあかん、筋肉の疲れが取れない、と思っている中年ゴルファーの皆様、ラウンド後、入浴後に5分だけのストレッチ、騙されたと思ってやってみてください。
posted by hiro at 19:19| Comment(0) | 雑文

2021年07月26日

7月月例競技


 5月と7月は月例で優勝するチャンスといえなくもない。なぜなら、上手な人が三大競技の決勝に出るから。というわけで、キャプテン杯の予選に惨敗した、上手な人ではない私は張り切ってスタート。暑いけど。




 前半、相変わらずドライバーは芯を喰わない、5回に1回ぐらい。2打目のアイアンも微妙にダフリ気味でパーオンはたった1ホール、しかしアプローチがまずまずで1パット(寄せワン)5つでしのぎ、3ボギー39でホールアウト。入賞圏内だ。

 後半はタフな竹コース。1番でやっと会心のドライバーショットが出て、9アイアンで2オン、2パットパー。

 2番は7アイアンでハーフシャ◯クが出るも、2打目バンカー越えのアプローチ(45y)を何とか乗せて2パットボギー。

 3番は上田治テイストの難しいパー4、ティショット右ラフ、2打目スタイミーになった木の後ろから引っ張りすぎて左サイドラフ、またバンカー越えのアプローチ(55y)、打った瞬間弱いと思ったけどなんとかグリーンオン、やや長めのパットを寄せてボギー。

 ま、竹の2番3番は難しいからね。ボギー上等。

 4番パー5、ティショット引っ掛け気味、左ラフ。2打目4Wはそこそこの当たりで残り130y、3打目8アイアンコントロールと9アイアンフルショットで悩むが、奥がイヤなのとフォロー気味なので9アイアンを選択、結果(乗ったけど)10y以上ショート。短めのクラブを持ったときに届かそうとしてリキむと余計に飛ばなくなるの法則を忘れてた。何とか2パットでパー。

 5番パー4、ティショットは振り遅れて右OB方向へ飛ぶも、ギリギリセーフ。しかしボールはつま先上がりのラフに埋まっている状態。残り170y。右サイドの木が気になる。2オンを諦め(いやそもそもパーオン率低いやんお前)、ユーティリティのクォーターショットで花道を狙う(あわよくばスライスしてグリーンオン)も、そのまま真っすぐ飛んで左サイドのバンカーへ。バンカーショットは雰囲気出しすぎてショートの法則発動、4オン1パットボギー。

 6番パー3、4アイアンでかいしんのいちげき、グリーンセンターにオン。2パットパー。


 7番、皆様お待ちかねのトホホホール。ティショットは4W、これも会心、飛びすぎて突き抜けラフ。フォローだったけどいつもより20yも飛んでた(中部銀次郎氏に「それはミスショットだ」と言われるやつ)。しかしアドレスで股関節きちんと入れる(7月2日の日記参照)ようになって長いクラブの安定感がだいぶ出てきた(ドライバー除く)。

 2打目は165y打ち上げ、ダフらないよう「フェースをしっかり返す」作戦(7月23日の日記参照)を実行したところ、30y左にまっすぐすっ飛んでいった。YOUTUBEで知ったコツを練習もせず試してグダグダになる法則である。ボールはサブグリーン奥のラフ。またバンカー越えの45y。この日3度めだ。

 ショット自体はうまく打てたけど、やっぱり微妙にショートして乗っただけ、8mぐらいの難しいパットを残す。そこからファーストパットは打ち切れず1.2mショート、ただし上りを残す。しかしこれを外し、3パットダボ。

 会心・トホホ・まずまず・まずまず(パット)とつないできてのダボはいただけませんね。このホール、2打目を外してはいけないところへ外したのがダメだった。無理せず花道狙いだったら、この日そこそこ上手く打ててるアプローチでパーのチャンスもあったのに。

 実はパーオン率上げたいという邪念があったんだよね。スタッツのためにゴルフをすると本質を見失うの法則だ。

 8番パー5、ティショットまずまず、2打目残り255y打ち下ろし、2Wで狙うも芯を喰わず、グリーン左手前ラフ。ピンは右サイドなのでバーディの期待が高まる。バッグから50度と56度のウェッジを抜いて・・・抜いて・・・・・あれ。

 ウェッジ2本がない・・・どこかに置き忘れたようだ・・・。

sikabane.jpg

 慌てて後ろの組へカートを走らせ(同伴競技者の皆さんすいません)、聞きに行くも「見てないよ」とのこと。仕方ない、PWでアプローチ。考えすぎて(球足が強くなるのでフェースを開いてちょっと小さめのバックスイングででも緩まないように)大ショート。トホホ。エッジから何とか寄せて1パットパー。

 意気消沈するも、最終ホールも2打目を何とかピンハイ4mに付ける。これを入れれば70台そしてネットパープレーだ。

 読み間違いでカップの上を素通り。残念。というわけで。

seiseki20210725.jpg

 ダボとパーオン率の低さ(とバーディがなかったの)は残念だけど、寄せワンのパーを6個取れたのは良かった。2年前の、アプローチが銀河系一ヘタだった自分に言ってやりたい。努力は報われるんだぞって(しみじみ)。

 ネット1オーバーで入賞は無理だったけど、次回に繋がる内容だった。さて、ドライバー買い換えるか。
posted by hiro at 11:06| Comment(0) | 競技