2021年06月08日

中2日のための練習


 中2日で木曜日を迎えるためには、月曜日に練習に行かなければいけない。というわけで昨日行ってきた。


 スイングドクター(ぐにゃぐにゃシャフトのウェッジ)でのゆっくりスイングはだいぶサマになってきた(ような気がする)。派手にダフることも少なくなり、右へ飛ぶ頻度も減ってきた。何となくいい感じだ。とにかくこれを続けることで何かが変わればいいなあ。手打ちが治るとか。

 その後、9アイアンのステップ打ち。ハーフショットぐらいでもきっちり(怖がらずに)肩を回転させること。ハーフスイングのトップでも背中が飛球線を向くぐらい。体重移動命。

 そして2Wのコントロールショット。短く持って7割〜8割ぐらいの力加減で。少しでも腕で振りに行くとスライスするが、左へはほぼ絶対に行かないので使えるホールはいくつかありそうだ。



 さて、ここから本題。この2Wを打ってる時に気づいたんだけど、ティショットで軸を動かさないよう(右へスエーしないよう)気をつけるあまり、昔の悪癖であるリバースピボット(ギッタンバッコン)になってるんじゃないかと思い当たった。

 ここ数回、ドライバーは安定はしてるんだけどスライス&飛距離が出ない(キャリー210y)&フェースの下目に当たるということが頻繁に起きていた。ひょっとして、リバースピボットのせいでは・・・

 そこで、ドライバーに持ち替え、アドレスの時点でしっかり右足に体重を掛け(イメージは右7左3)、右足の上でバックスイングして振ってみた。もちろんフィニッシュは左に100%乗るように。そしたら、キャリー240yが復活(トップトレーサー計測による)。



 いやあ、練習は行くもんだなあ。
posted by hiro at 09:10| Comment(0) | 練習