2021年06月04日

8アイアンの呪い?


 いい数字が出た時はヤーデージが関係するけど、ヤーデージが短いからといっていい数字が出るとは限らない。




 昨日のラウンドで良かったこと。

・たまたまバーディが2つ出た

 昨日のラウンドで悪かったこと。

・その他すべて

seiseki20210603.jpg

 松1番、8アイアンの2打目がカットに入りショート、寄らず入らずのボギー。

 2番ティショットが左30度に飛び、左足下がりからのアプローチはダフって止まらず、右奥からのアプローチはショート、2パットダボ。

 3番、2Wのティショット右ラフ、2打目8アイアンがフライヤーで直接グリーンオーバー、寄らずのボギー。

 4番1発めが左へ、2発目が右へOB。

 5番パーオンするも3パット。

 6番115yと短いパー3でやっとパー。

 7番は2打目8アイアンがピン横6mに、バーディ。

 8番3打目の9アイアンをダフって乗らず、寄らず入らずボギー。

 9番2オン2パットパー。

 竹1番、ティショットヒールで左ラフ、2打目145y打ち下ろし、8アイアンのショットがまたフライヤーして直接グリーン奥の竹やぶへOB。ダボ。

 竹2番ティショットこすり球で乗らず、2オン2パットボギー。

 竹3番、2Wでのティショットはフェアウェイ右サイド、2打目7アイアンは低めに出てグリーン右奥の左足下がりの法面、アプローチハーフシャンクして4オン1パットボギー。

 竹4番、3打目9アイアンダフってショート、アプローチは1.5mに、入らずボギー。

 竹5番、ティショット右ラフ、2打目8アイアンでまたまたフライヤーしてキャリーでグリーンオーバー、アプローチは大オーバー、3パットダボ。

 竹6番、6アイアンのショットがたまたまピン下5mにオン、たまたま入ってナーディ。

 竹7番、ティショット右OBギリギリのベアグラウンド、2打目出すだけ、3打目ウェッジショットはスカ当たりでエッジ、アプローチは1mに、1パットボギー。

 竹8番、ティショットフェアウェイセンター、2打目2Wで残り35y、そこからビョーキの打ち急ぎが出てトップ、奥の難しいライからワンクッションで1.5mに付けるもこれを外すんだよなぁ(ヘタヘタ)。ボギー。

 竹9番、ティショットはスライスを打とうと企むもそのまままっすぐ、左ラフ。ラフから105y、50度でピン下6mに、バーディパットは打ち切れず(ああヘタヘタヘタヘタ)2パットパー。



 8アイアンだからフライヤーが出るのか、でもフェアウェイからは出ないし(当然だ)、たまたまなのか。今までそんなに気にならなかったフライヤーが出るのはきちんと打てるようになったせいか、ただ単にダフって入るから多発するのか。単にアホなのか。疑問は尽きない。
posted by hiro at 12:32| Comment(0) | ラウンド