2021年06月02日

練習強化月間・ブラッシー編


 来月のキャプテン杯に向け、練習強化月間に突入。

 練習器具のスイングドクターを買ったので、ちょっとやる気が出てるんだよね。新しいクラブや練習器具は練習のモチベーションを高める一番の薬だね。



 さて、ゆっくりスイングを練習しだして数回、なかなかいい感じである。打ち急がないよう、特に切り返しからインパクトまでじわっと加速していく感じをイメージしながら打っている。

 で、最近の練習メニューはこんな感じ。

 スイングドクターで40yぐらい・・・5割
 9アイアンでステップ打ち・・・2割
 50度のウェッジでコントロールショット(90yぐらい)・・・1割
 ティショット(4W・2W・ドライバー)・・・2割


 ウェッジやアイアンのフルショットは多くて数球。ドリルが終わった後に確認のため打つ感じ。なかなかいい感じで打てることが多く、それがまた次の練習、地道なドリルを続ける原動力になる。




 で、そうやってゆっくりスイングをした後でブラッシーを打ってみると、まあこれが派手に滑る滑る。元々フェードが出やすい状態からスライスしか出ないクラブを持つわけだから、もうこれは絶対に左へ行かないと断言してもいいぐらいだ(その代わり隣のホールぐらい右へ行くけど)。

 それならばと、あえて短く持ってゆっくりスイング(イメージとしては7割ぐらいの力加減)で打ってみた。ゆっくり振ったらもっと右へ曲がるんじゃないかと思ったんだけど、低い弾道でけっこう真っすぐ飛んでくれる。キャリー200y、ラン30y・・・あれ、ドライバーいらんやん。

 ミスはヒールだし、引っ掛けても10y以内だし、8mぐらいしか高さが出ないし、これは使える!とまた余計なことをしてコースでしなくていいミスをするであろう編者であった。
posted by hiro at 10:10| Comment(0) | 練習