2021年06月01日

11本でラウンド


 JFE瀬戸内海GCで開催されたミズノオープン。フィリピン出身のJ.パグンサンが優勝した。これまで国内で何度も二位にはなっていたが、今回日本ツアー参戦10年目にして初優勝。43歳での達成だった。



 もともとアジアツアーでルーキー・オブ・ザ・イヤーや賞金王になったこともあるので地力は十分。で、注目されているのがその時のプレースタイルとクラブセッティング。

 担ぎのセルフプレー、つまりキャディなしでラウンドしたのである。きょうび、高校生がプロの試合に出ても専属キャディをつけるこのご時世にセルフでしかも担ぎである。それで優勝。肉体的にも精神的にもタフすぎるではないか。これはもう2021年のプレイヤー・オブ・ザ・イヤー確定だろ(JGTOの目が節穴でなければ)。


 しかしパグンサン、最初に書いたとおり43歳。さすがにプロ仕様の重いキャディバッグに14本のクラブで担ぎラウンドするのは辛かったようで、今回のミズノオープンでは11本のクラブ、ボール5個、ティペグまで節約して臨んだという。こちらもプロの試合としては前代未聞。

 でその11本のセッティングがこちら。

2021-05-30.jpg

 調べてみると、3アイアンと4アイアンを抜いて変わりに19度のユーティリティを入れ、6番と8番アイアンを抜いて11本にしたようだ。その距離は以下の通り。

 ドライバーとスプーンで250y以上。

 19度のUTはおそらく210y〜230yあたりを。

 5アイアンで180y〜200y。

 7アイアンで160y〜180y。

 9アイアンで150y〜160y。

 PWが140〜145y。

 50度が130y。

 52度が90y〜115y(もっとも得意なクラブとのこと)。

 58度が95y以内。


 この11本を「完全に信頼している」(本人談)というだけあって穴が見つからない。150y〜200yを狙うアイアンの距離の階段が、普通は10y刻みなのが20y刻みになっているが、ここは恐らくタフなアジアツアーで培った経験で様々な球を打ち分けられる自信があるからだろう。すげえぜパグンサン、かっこいいぜパグンサン。



 さて、もし我々が彼を見習い、スコアを落とさずに3本を抜くとしたらどうするか。私のようなへっぽこアマチュアの場合は簡単である。使用頻度の低い(=飾りとして入れている)3本を抜けばいいのだ。

 ちなみに、今の私のセッティングはこう。

 1W 230〜240y
 4W 220y
 7W 200y
 U4 195y
 4I 190y
 5I 175y
 6I 165y
 7I 155y
 8I 145y
 9I 130y
 PW 120y
 50度 105y
 56度 85y


 200y近辺が異様に厚くなっているが、これはパグンサンと正反対で、いろいろな球が打てないからクラブを変えることで球筋をコントロールしようという魂胆である。まあ、それでもうまくいかないほうが多いんだけど(策士策に溺れるともいう)。

 で、この中で一番使わないのは7W。最近まで入れてたブラッシーの代わりに「なんとなく」入れてみただけだから当然である。

 2番めに使わないのが5アイアン。そもそもショットの成功率が低いし、2打目で180y近く残ることも少ないしね。400yを超えるパー4とかめったにないし。ホームコースの長めのパー3で1回使うぐらいかな。

 3番めに使わないのがU4。冬の間はU4はアプローチのお助けクラブとして無くてはならないクラブだったけど、芝が伸びてきてアプローチの不安が減る5月〜10月は1ラウンドに1〜2回ぐらい使えばいいほうだ。U4は引っ掛けるミスが出るし、まだ4アイアンで打ったほうが怪我が少ないからね(8割がた怪我ショットだし)。



 というわけで、とりあえず7W抜いて13本にしようかな。でも、抜いたら抜いたで2Wまた入れるんだろうなあ。入れたら必要もないのに使ったりしてしなくてもいいミスしたりするんだろうなあ。

 まあゴルフからロマンを抜くと何も残らないし、いっか。
posted by hiro at 10:54| Comment(0) | トーナメント