2020年08月04日

フェースを開いて閉じるということ


 さて、「ナチュラルにフックを打つ」とはどういうイメージか。「クラブを正しく動かし、ボールをきちんと捕まえる」という事だ。

 ではクラブを正しく動かすとはどういう事か。それは私の場合、「インサイドインの軌道+正しいフェースローテーション」で振るという事だ。それは、この本にも書いてあった。

morimorihiro_book.jpg

 これに、「スイングプレーンに対してフェースをまっすぐ動かす」ということが書いてあって、それはつまり、こういうことだよね。模式図なんで細かい部分は突っ込まないでね。

図1:正しいフェースの動かし方(上から見た図)

planehead01.jpg

 スイングプレーンをなぞるように、プレーンに直角にフェースが動く。体を中心に考えると開閉してるけど、プレーンを元に考えると「ずっと直角のまま動いてない」。これが「普通で正しい」フェースローテーション。



 でも、これだけフェースを開いて閉じるというのは怖いので、ついこういうふうに動かしてしまう(今までの私)

図2:間違ったフェースの動かし方

planehead02.jpg

 この2つの図を比較してみると、2つ大きく違う部分がある。

 1つ目はもちろんハーフウェイバックとフォローにおけるフェースの向き。フェースの開閉を恣意的に制御(少なく)した図2の場合、ハーフウェイバックつまり体の真横でもフェースは完全に正面を向かない。フォローでも同じ。

 で、こういうフェース向きで青い円(スイングプレーン)を描くと、楕円がどうしても細長くなる。つまりしっかりフェースの開閉をさせないとアップライトなヘッド軌道になってしまうのだ(理屈の上では、だけどね)。


 2つ目。シャフトの方向に注目していただきたい。図1ではきちんと体の方向を向いているけど、図2では体の中心から後方へずれてるよね。こういう形を無理やり作るためには、バックスイングで右脇を開き(フライイングエルボー)、フォローでは左肘を引く(チキンウィング)にせざるを得ない。

 フェースを開かないよう(間違った)努力をすることが、逆に体の悪い動きを引き起こす原因になっていたのだ!



 先月ぐらいから、S水プロ(今習っているプロ)はずっと「横振りしましょう」「フェースを開閉させましょう」「もっとインに引きましょう」と教わりだした。これも、同じことを言っているに違いない。つまり私のスイングはまた一歩、理想(野望)に向かって一歩前進したと言えるのである!確証はないが!!

 というわけで。久しぶりのこれ。

yabou_202008.jpg

 あとは実践あるのみ。怖がらずにフェースの動きを大胆に。
posted by hiro at 12:54| Comment(0) | 目から鱗(開眼)