2020年08月30日

反省会


 読みが難しいグリーンなのに、付いたキャディさんが新人で全くグリーンが読めない子だったこと

 ティショットがまっすぐ出て左へ曲がり、それを嫌がって今度は右へ行くというトホホパターンだったこと

 4Wを使ったティショットは4回あったけど、全部ミスショット(左・チョロOB・プッシュスライス・左)だったこと

 アイアンはいつも通り下手だったこと

 アプローチはまあまあだったけど寄せワンは1個しかなかったこと

 パーオン3パットボギーが3個もあったこと

 っていうか、42パットって何なん?

 グリーンは8.5か8.6ぐらいで適度なスピードだったんだけど

 L字のロッサで全然タッチが出せなくて

 朝の練習グリーンの時から5mのパットで1mオーバーとか1mショートとかしてて

 あ、こら今日はあかん日やわ、と思いながら

 でも面倒だからオデッセイ#7に替えもせず、なんとかなるだろうと高をくくり

 その結果が42パット。3パット6個。4パット1個

 1m以内をピンに弾かれて外すこと2回。強すぎるんだよね

 これからは、強めに打つ短いパットはピンを抜くことにしようと思う

 ちなみに、良かった事は数えるほど。

 13番、185y打ち上げパー3で5アイアンがドローでピン筋、ただピンを10yオーバー。

 16番短めのパー4、ユーティリティのティショットが芯を食ってストレートボール210y。

 この2つだけ。



 1からやり直します。
posted by hiro at 10:33| Comment(0) | 雑文

2020年08月29日

GB月例@交野カントリー


 今回のGB月例(仲間内の競技会)は家から10分の交野CCで。大学の先輩でありGB月例メンバーであるO谷さんのホームコースだ。グリーンの読みが難しいのでキャディ付きで。

2020-08-27.jpg

 O谷さんにお誘いいただけるので年2〜3回ラウンドしているんだけど、8年前からの成績はこんな感じ。

katanocc_total.jpg

 30台は何回かあるけど70台を一度も出してない。平均スコアは(全体の平均より)ちょっと悪い。特に総パット数が平均より1打ぐらい多い。OBもちょっと多い。フェアウェイキープ率も平均より11%ぐらい(つまり2ホールぐらい)下回ってる。唯一平均より良いのがパーオン率。距離短いからね。

 べストスコアが80(ちなみにワーストスコアは92)。これを更新するのがこの日の目標。

 ・・・というのを前提に、今日の日記はお読みください。では本文をどうぞ。















seiseki20200827.jpg

 ワーストスコア更新しとるやないかい!






 もう二度と、偉そうな事は言いません。誓います。
posted by hiro at 19:18| Comment(0) | GB月例

2020年08月26日

絶対にスコアが良くなる呪文


 先日ラウンドしていると、天から「絶対にスコアが良くなる呪文」が降りてきた。今回は冗談ではなくマジですぜ旦那。



 人間特に男は「力任せでなんとかしたい」という本能がある。さらに、「あいつには負けたくない」という闘争本能もある。その本能はゴルフでどう現れるか。ドライバーを振り回し、ライバルより短い番手のアイアンを持っちゃうのだ。その結果は言うまでもない。あと10y飛ばすためにOBを量産し、アイアンの番手で見栄を張ったばっかりに目玉のバンカーショットを打つ羽目に陥るのだ。

 この心の動きは本能なので、ただ単に注意しようと思っていても治らない。半ば無意識にやっちゃうことだからだ。プロでさえここぞという時に「力が入ってミスした」と言うではないか。

 だから、打つ前に次の呪文を唱えよう。



「ゴルフは飛距離を競うスポーツじゃない」



 もう一度書く。小学生並みの理性しか持たないアホなゴルファー(私だ)にもわかるように。

「ごるふは、ひきょりを、きそう、すぽおつじゃない」



 パー5のティショットを打つ時、パー3でアイアンを選択する時、この呪文を唱えてから打つとあら不思議、肩の力が抜け、7割の力でリズムよく、気持ちよく振れるではありませんか。

 え?そんな呪文効かない?喜んでください。効かない人は超上級者か超初心者のどちらかです。あなたが超初心者でなければ、すでに上級者の域に達しているのです。


 これ、冗談ではなくマジで効くから。一度お試しあれ。
posted by hiro at 18:54| Comment(0) | 目から鱗(開眼)

2020年08月25日

というわけで練習へ


 「練習しないとヘタになる」と証明できたわけだが、これ以上ヘタになるのはちょっとだけイヤなので、久しぶりに近所の練習場へ。レッスンを別にするとおよそ1ヶ月ぶりぐらいか。がっつり3カゴ、165球、90分掛けて。

 この日の練習は、

・50yのウェッジショット(56度)
・90yのコントロールショット(50度)
・ステップ打ち(8アイアン)


をそれぞれ30球づつぐらい。この基礎ドリルを済ませてから、

・7アイアン少々
・4アイアン少々(ティアップして)
・ユーティリティ少々(マットの上から)
・4W少々(ティアップして)
・ドライバー少々


 あんまり代わり映えしないけど。ああ腰痛い。



 この日(改めて)感じたこと。

・クラブに仕事をさせる(シャフトのしなり戻りを使って打つ)ためには、下半身と上半身の思い切った捻転差(時間差)が必須。自分が思ってる以上にクラブヘッドを遅らせる(=グリッププレッシャーを緩めて加速させる)イメージが必要。ただタイミングが狂うと右へさようならだけどね。


・上半身が突っ込むとダフリ、トップ、シャ◯ク、引掛け、こすり球何でも出る。つまりスイングにおいて上体が突っ込むのは絶対悪の1つ。しかし下半身を踏み込んだ時、上半身を残すためにはある程度の体幹・腹筋・背筋の力が必要。つまりこれらの力が落ちてくるとスイングそのものが成立しなくなるのだ。


・上体を突っ込ませないためにもう一つ大事なポイントは下半身(気のせいかもしれない)。下半身が流れてはダメで、インパクト前に左股関節でしっかりブレーキを掛ける(あるいは力を受け止める)ことで初めて上半身が我慢する土台ができる。つまり、上半身(我慢)のポイントは下半身にあったりする(ような気がするがこれも気のせいかもしれない)。



 まあ、能書き垂れる暇があるなら球を打て!って言われそうだけどね。
posted by hiro at 17:50| Comment(0) | 練習

2020年08月24日

当たり前のこと


 皆様ご無沙汰しております。無事生還しました。じゃさっそく。

 暑い、腰が痛い、背中が張っている、五十肩が悪化してきた、GTAO(プレステ4のゲームね)ばっかりしてる、なんとなくスイングが(頭では)わかってきた・・・などを言い訳にここ1ヶ月ぐらいほとんど練習しなかった。そしたら。まず木曜日(20日)。

seiseki20200820.jpg

 数字こそ今年の平均スコアを上回ってはいるものの、OB2個、3パット3個、いやそれよりもアイアンが一発もまともに当たらずひどい内容だった。

 金曜日。相当ヤバくなってたグリップを交換に某工房へ。ついでにパター(L字のロッサ・マラネロ)を33インチから34インチに伸ばしてもらう。これに寄って構えたときの座りが断然良くなった。で、それで満足してやっぱり練習へいかず、迎えた日曜日の月例。

seiseki20200823.jpg

 おはようOB(プッシュスライス)から始まり、前半は上がり3ホール3連続ボギー。ショットもパットもアプローチもほぼ良いところ無し。そりゃそうだ。練習してないんだもん。

 後半も1番はこそ寄せワンだったものの、2番220y(打ち下ろし200y)のパー3で4アイアン、スライスOB、引掛けOBと2連発。まあ練習してないとこういうところに出るよね。ちなみに1発目も2発目も上半身の我慢ができず突っ込んだ結果だと思われる。クラブが降りてくるタイミングが遅ければスライス、早ければ引掛け。

 4番ではパー5で素ダボとか叩いてるし。えー?パー5で素ダボ?奥様、パー5ですって。いやーねー一体どんな顔してゴルフのブログ書いてるんでしょうねひっどいわねーそうねーと謎の奥さんが出てくるぐらい酷い。

 その後やや持ち直したかと思ったら8番。3打目6アイアンでナイスリカバリーパーオンからのファーストパットを大ショートして3パットボギー。ひたすら情けない。パットの練習も全然してないもんなー。

 最終ホールも2打目ダフって20yのアプローチがショートしてもったいないボギー。やる気ないんか?



 まあ、練習しないとヘタになるという証明だね(そんなこと証明してどうする)。
posted by hiro at 18:18| Comment(0) | 競技