2020年07月31日

敵は自分の弱さ(第75回GB月例)


 先日の日記で私はこう書いた。

 賛否両論あるだろうけど、なかなかできないことだ。自分のドライバーショットを信じているという、1つの美学だなと思った。私にはたぶん一生できないだろう。

 そしてこの日は、ドライバーショットが左へ曲がっていた。

 その2つを前提に今日の日記はお読みください。




 仲間内の競技会、GB月例も75回目を迎えた。100回目はイギリスに遠征してスコットランドの名コースをラウンド、200回目にはアメリカ西海岸名コース巡り15泊17日、300回目にはオーガスタナショナルで記念コンペをするつもりである、といいな。

 その75回目は大阪の北部、池田市の伏尾GCで。東2番が崖崩れで本来難しいパー4のところがパー3になっていたので、パーは71。

 前半、出だしはお約束の3パットボギーから。2〜4番はショットがなかなかいい感じでパーオン2パットパー。

 東5番パー4、打ち下ろしの雄大なホール。ティショット4Wでフェアウェイ、2打目左足下がりから140y、9アイアンでフルショットしてグリーンセンターが鉄則だったのに、なんとなくショートする気がして8アイアンのライン出し(←ハイ出ましたーできもしないのに。馬鹿。ホント馬鹿。思いっきり馬鹿)でダフって引っ掛けて左バンカーへ。3オン2パットボギー。

 6番はティショット右ラフ、2打目ウェッジショットは突っかかって15mも奥へオン。交通事故的に入ってバーディ。

 7番パー3、9アイアンでピンハイ左3m、惜しくも入らずパー。

 8番は谷越えのパー5、ティショットはちょっとフックして左のラフ。2打目6アイアンでレイアップも低い球になって左足下がりのライに。ウェッジショットはうまく打ててパーオン、2パットパー。

 東最終はまっすぐでやや距離の長いパー4。ティショット左法面、2打目7アイアンでレイアップ(なぜウェッジで打たなかったかというと結構な左足下がりでウェッジだとボールに届かないかもと思ったからです)、引っ掛けて左ラフ、3打目70yウェッジショットは強く入って奥10m、何とか2パットでボギー。

 というわけで前半は1バーディ3ボギーで37(パー35だからね)。ドライバーは左へ曲がるけど、アイアンの調子がすごくいい。体重移動とリズムとインパクトの意識だけ考えて振ってるんだけどね。

 これでいい気になった。前半でいい気になって後半グズグズっていう状況、今まで72億回ぐらいあったのに。


 後半は苦手な南コース。

 1番はティショット4Wはフェアウェイセンター、2打目7アイアンをハーフトップしてショートするもアプローチが80cmについてパー。

 2番は変則的なパー5、左が嫌なので4Wで打つも思い切り右へ飛び、左足下がりのラフへ。2打目7アイアンでレイアップ、3打目125y、9アイアンで上手く打ったら10yもオーバー。飛距離伸びてる。2パットパー。

 3番池越えのパー3、8アイアンちょいダフリで手前エッジ、2パットパー。

 4番狭くて短いパー4、普通なら4Wだけど、ここで色々と欲が出てドライバーで。思い切り右からフックを打つつもりが、まっすぐ出て左へ曲がる。やばい。しかし木の下でぎりぎり止まる。2打目70y、木の下を7アイアンで低い球で・・・と思ったら低すぎて土手に当たる。8アイアンぐらいでも十分低い球打てるってことか。3打目で3mに、2パットボギー。

 5番谷越えのパー3、9アイアンややこすり球もピンハイ、2パットパー。




 5番を終わって1オーバー。しかしここからトホホの逆襲が始まる。

 6番は打ち上げ右ドッグレッグのパー4。ここで1つ目の事件。

fusio_minami06.jpg

 4Wでストレートに打っても100y強しか残らないのでまっすぐレイアップ、と思ったんだけど、今日はドライバーが左へ行ってるからバンカー越えの最短距離を狙ってもそこそこいい位置へ行くだろう、と傲慢にもドライバーで。はい、バンカー越えて「スゴいなー」と言われたかったんです。

 しかし打ち上げのホールは右へ体重が残ってスライス球が出るのが基本。しっかりスライスしてバンカー右の木の下へ。脱出に失敗し、3打目もミスし、4オン2パットダボ。傲慢さと頭の悪さと見栄が招いたダボ。アホですねー。

 7番はHDCP1の難ホール、ティショット今日イチの当たりでフェアウェイ左、2打目8アイアンでピン右8mに、2パットパー。ここのパーはフロントティからとはいえ価値がある。

 8番、トホホホールその2。ティグラウンドから見ると左突き抜けが最高に気持ち悪い。

fusio_minami08.jpg

 ドライバーが左ばっかり行っているこの日なんか、絶対にドライバー使うべきじゃないよね。ドライバー飛ばしても意味ないし、2打目のことを考えるとフェアウェイへ残すのが最善。だから4Wが絶対。

 なのに、ドライバー持っちゃうんですよねー。なぜか。「今度こそ右へしっかり打ち出してフックを打ってやろう」という浅ましい、それはそれは浅ましい欲なんですよねー。欲に取り憑かれて、自分の力を過信してるんですねー。間抜けですねー。技術もないのに。

 結果は2連続フックOB。ロストボールもあり、10ストローク。+5。

 やっぱり自分自身のゴルフ(できることしかしない、迷ったらディフェンスに徹する)を貫かないといけないってことですな。

 最終ホールも左ラフでいいのに、ラフを嫌がって右プッシュスライスOB。ラフとOB、どっちがマシかっていう小学生でもわかることすらわからないで打ってるんですねー。スカタンですねー。3パットのおまけ付きで7。トリプルボギー。+3。

 というわけで。

seiseki20200730.jpg

 前半2オーバー、後半11オーバー。こういうのを、オヤジギャグで別人28号という(わからない人はググろう)。
posted by hiro at 18:51| Comment(0) | GB月例

2020年07月29日

超上級者の戦略思考


 先日、ある上級者とご一緒させていただいた。60歳台半ばで、HDCP4を維持されている、本物の「上手い人」だ。いぶし銀というか、上級者が持つある種の凄み、独特の雰囲気を持っている。仮にDさんとする(頭文字ではない、念の為)。

 実はDさん、けっこう喋るのが好きな気さくなオッチャンで、ラウンド中ヘタクソな私に色々なことを教えてくださった。と言っても、押し付けるわけではなく、「まあ参考程度に聞いてほしいんやけど」的なスタンスで。

 そのDさんが仰っていたことで、心に残ることを。



 「バーディパットをショートさせたらあかん」

 私のショートばっかりしてるパットに、よっぽどDさんはイライラしていた(笑)ようで、まるで「論外」と言わんばかりの口調で(と言っても非難口調でも上からでもなく)アドバイスしてくださった。

 つまりこれはどういう意味かと言うと、上級者にとっては「バーディチャンス」は逃してはいけない、積極的に狙いにいかないといけないモノであるという意味であり、3パットボギーを恐れてバーディパットを寄せにいくような考えではそれより上へは行けないという戒めでもあるんだろうなと。

 ショットは無理したらあかん。ショットでバーディを取るのはリスクが伴う。でも、パットでバーディを狙わんといつ狙うねん?今でしょ?打つ前から3パットボギーを考えて何の得がある?ないでしょ?っていう意味なんだろう。

 自信がなくても、せめて最低限、カップに届くようには打たないと。そういうことを教えたかったんだと思う。



 スピンが効くアプローチをマスターすべき

 ニアサイドから、おおよそ20y以内のアプローチ。とりあえず奥でいいから乗せる、あるいはワンクッションを多用する。そして結果はほとんどボギー。そんな私のアプローチを見て、「スピンが効いて止まる球を覚えなあかんね」と。そして、そのためにはまず第一段階としてフェースを開いて打たんとあかんよと。

 ホントにそう思う。そういうアプローチが打てるようにならないと、20y以内から3打が普通になってしまい、70台なんて出せない。そういう練習をすべきだろう。

 ・・・でも、アプローチの苦手意識がなくなるのにもう少し掛かると思うので、それまではコースではフェースを閉じたランニングアプローチでチマチマ行きます。



 アプローチは「何ヤード打つ」と決めてその距離を打つだけ

 落とし所まで15yなら15y、37yなら37y。それだけの距離感で打つことだけを考えてスイングする。大変シンプルでわかりやすい。難しくもなんともない。ただ、この域に達するには当然、それなりの練習が必要になってくる。それが次。



 アプローチは1y刻みで練習した

 1yから2y、3y・・・という練習を繰り返す。そこまでして初めて、◯◯yを決め打ちできるようになるのだ。もちろんそのとおりに打てるとは限らないけど、「37y打つ」と決めて打つのと、「40y弱打つ」とか「35〜40yの幅で打つ」とか「40y打つけどオーバーする」と思って打つのとではぜんぜん違うってことはわかる。迷いがなくなるよね。

 もっとスゴいのが、この1y刻みを1つのクラブではなくアプローチで使う2つか3つのクラブで練習したという点。弾道や転がり方が変わってくるよね。つまり応用が効くということだ。上級者の練習はやっぱり桁違い。

 ここまで突き詰めるのは無理でも、せめて2つのクラブで5y刻みの距離感ぐらいはきっちり練習しないとね。いや、まずは10y刻みか。



 アプローチに使うクラブはPWか9番

 Dさんがゴルフを始めた頃はPWの下がSWで、アプローチはPWでするのが一般的だったらしい。その頃のPWは50度前後のロフトがあったと思われる。今でいうアプローチウェッジやギャップウェッジのロフトだよね。だから上げる、転がす、スピンを掛けるがやりやすかったんだろう。で、足を出したい時は9番で。

 この話の教訓は、無理に難しいSW使わないでも、アマチュアがラウンドするレベルのコースなら十分寄せられるよ。スピンも掛けられるよ。だから見栄張らないようにね。というところだろうか。ただ、このあたりは好き嫌いやどれだけ馴染んでるかということも関係してくるので一概には言えないけどね。



 あと、ゴルフに対する姿勢で決定的に違うと思ったのが、1つのホールでOBが何発出てもドライバーで狙い続けるというその矜持っていうか姿勢。この日のDさん、よっぽど調子が悪かったみたいで、暫定球の3連続とか4連続とかが何度かあった。でも、絶対ドライバーを離さないし、しかも同じ球筋で同じ打ち方(のように見えた)するんだよね。

 賛否両論あるだろうけど、なかなかできないことだ。自分のドライバーショットを信じているという、1つの美学だなと思った。私にはたぶん一生できないだろう。
posted by hiro at 18:42| Comment(0) | 目から鱗(開眼)

2020年07月27日

2020年キャプテン杯決勝


 キャプテン杯決勝は20位タイまでの21名でストローク戦。予選の成績を持ち越しなので、首位とは13打差。宝くじの一等が当たった人が当選を知った瞬間に隕石の直撃を受けたのに無傷で済んだ、ぐらいの奇跡と偶然がないと優勝は無理。

 そのためモチベーションを保つのが難しく、良く言えばリラックスして、悪く言えば緊張感の乏しいラウンドになってしまった。おまけに最後の9ホールは土砂降りと言ってもいいぐらいの雨で、ボギーペースがやっと。でも上級者はそんな状況でも平気で30台で回ってくるんだよね。



 梅1番、トップスタート。予定通りドライバーを使わず4W、右のOBギリギリ(セーフ)。2打目はベアグラウンドの樹の下からバンカー越えで低いスライスという難易度Sのリカバリーショットを成功させ、2オン。ところが長いファーストパットを1mちょっとショートさせ、これを外して3パットボギー。

 よく考えればあのティショットがセーフになり、しかもあの2打目の位置からボギーだったら上出来なのに、この3パットで「あ、今日はあかん日やな」と思ってしまった。

 2番(パー4)は無難にパー。3番(パー3)は想定内のボギー。

 4番パー5、ティショット・2打目とも思い通りだったのに3打目ウェッジショットをハーフトップしてグリーン奥へこぼす。ベチャベチャのベアグラウンドから上手くコンタクトするも強すぎて反対側へこぼれ、5打目も3mショート。これを気合で入れてボギー。

 5番パー4、2打目9アイアンをダフってバンカーの顎に突き刺さる。オーバーハングしてて絶対出ない状況。一応トライする(アンプレすべきだった)が、バンカーの平らなところに転がり落ちる(顎に突き刺さってもっと酷いことになってたかもしれないのに)。4オン2パットダボ。

 6番は強い受けグリーンの奥につけてしまい、3パットやむなしの状況からきっちり3パットでボギー。

 7番パー3、寄せワンでパー。

 8番難しいパー4、4Wのティショットは完璧だったのに2打目で中途半端な距離が残り(110y)、PWを加減して打つも力を抜きすぎて手前、アプローチはちょっとショートさせてまたパットが入らずボギー。もったいないボギーが多い。

 最終パー5、スライスを掛けようと左を狙うも右へ出てスライスしてOB。もっと練習しましょう。ウェッジショットの大ダフリとかもあり、何やかんやでトリプルボギー。

 39か40で回りたい梅で46。これは油断とかモチベーションの低下とかやる気とかの問題ではない。単なるヘタクソだ。


 30分のインターバルののち、松コース(3502y)へ。

 1番は2打目5アイアンの距離だけど安全に6アイアンで狙ってグリーンエッジ、寄せワンのパー。

 2番は距離の長い(241y)パー3、ティショット右手前、バンカー越え15yのアプローチは寄せる技術がなく奥5mに(これが精一杯)、パットはカップをかすめてボギー。

 3番も長い(409y+打ち上げ)パー4、ティショット4Wでフェアウェイ右サイドキープ、2打目は210y残り、7アイアンで迷わずレイアップ、3打目75y、ウェッジショットでピン上2.5mに、これが入ってくれてパー。戦略的にレイアップして最高にうまくいってのパー。気持ちいい。

 4番パー5、ここも4Wで。「なんでドライバー使わないの?」とよくご一緒するH村さんが独り言を言ったので、私も独り言で「ここはどれだけドライバーを飛ばしても2オンできないので結局レイアップする。だったら最初からリキまないフェアウェイウッドで打ってドライバーでのOBを減らすという作戦です」とつぶやく。

 実際、どれだけフェアウェイが広くてもドライバーがヘタな(どっちへ曲がるかわからない)私にとっては打ち下ろしのパー5はOB率高いんだよね。今までも何十回と自分のヘタさをこういうところで突きつけられてきたし。だから競技では安全第一ということで。

 4Wのティショットはちょっと天ぷら気味だけどフェアウェイセンター。2打目ユーティリティでレイアップ、3打目9アイアンでセンターにオン、2パットパー。ヘタな私がスコアをまとめるにはこれ(攻めの「守り」のゴルフ)なんだよねやっぱり。

 5番パー4、2打目8アイアンを思い切りダフり、寄らず入らずのボギー。ああもったいないもったいない。

 6番パー3は寄せワンのパー。アプローチは寄らなかったけど微妙な距離のパット(3m)が入ってくれた。

 7番パー4、ティショットは絶対に右プッシュを出さないつもりがフックがかかり過ぎ左ラフ(でも満足)。直接狙えずレイアップ、3オン2パットボギー。

 8番パー5、ティショットは戦略的フックで左ラフ(悪くないよね)、2打目4Wで軽いフック、と思ったらまっすぐ抜けて右ラフ。

 3打目はつま先上がりのラフで正面には木、グリーン左右にバンカー、右サイドは法面、フェアウェイは左傾斜で170yという状況。普通ならレイアップだけど、ここまで松は3オーバー、30台出したい!ということで木の右から低いフックで花道を駆け上がらせてグリーンを狙うという、お前何様的なショットを選択。ユーティリティのハーフショット。

 木の右へ出て低いフックで花道を駆け上がり、手前エッジに止まる。こんなに思い通りに打てるとはもう奇跡以外の何物でもない。でもバーディパットは打ち切れず、パー。

 最終ホール、またフック作戦も左へ派手に引っ掛けて入れてはいけないバンカーへ。レイアップ、3打目乗っただけ、2パットボギー。せっかく8番でいいパー取れたのに・・・・

 ということで、松は4ボギーの40でホールアウト。まあ寄せワン3つあったし、パー5は2つとも2オンできたし良しとしよう。



 ここで12時過ぎ。昼食はカレーをチョイス、ごはんを1/4ほど残す。お腹いっぱいになったら自律神経に影響が出るのでワンハーフの競技の時は少しづつ食べるようにしているのだ。そんな涙ぐましい努力をしてもこのヘタさ、悲しい。

 最後のハーフは難関の竹コース(3519y)。ここでも30台を目指す!つもりだったんだけど。

 1番パーオンするも短いパットを外してこの日2つ目の3パット、ボギー。

 2番パー3、気持ちよく7アイアンを振り抜くも気持ちよく引っ掛けてボギー谷へ、ワンクッションで4mにオン、2パットボギー。

 3番難易度高めの左ドッグレッグパー4。ティショットはいつもの4Wで、力が入ったのかヒール引掛けでOB方向!木に当たってセーフ。2打目レイアップは安全に行き過ぎて3打目が200y残り、ユーティリティ(今回大活躍)で残り20y地点まで、50度でのアプローチは上3mに。ダボ化・・・と思ったらこれが入ってくれてナイスボギーで済んだ。



 ここで雨が本降りに。しかも土砂降り一歩手前って感じ。もうけっこう濡れてたのでこのまま行こうかとも思ったんだけど、同組のT本さん(クラブチャンピオンホルダー・むちゃくちゃ上手い)が「hiroさんもレインウェア着たほうがいいよ」と言ってくださったので着ることにした。その後土砂降りになったので結果的に良かった。年長者の言うことはやっぱり聞いて損はない。



 4番パー5、2打目左足上がりのラフ、ユーティリティはダフって150yぐらいしか飛ばず。3打目左足上がりのフェアウェイ、ユーティリティはダフって150yぐらいしか飛ばず(コピペにあらず)。左足上がりでダフるのはまさに体重移動できてないんだろうね。4オン2パットボギー。

 5番パー4、ティショット右ラフ、当たり損ないの上ランが全然出ないから200yちょっとしか飛ばない。2打目つま先上がりから180y、ユーティリティで上手く打つもグリーン手前。アプローチはワンクッションで狙うもツークッションになってエッジ。4打目、エッジからパターで寄せてカップ横60cm、これがしっかり打った(つもりな)のにヘロッと切れて外れる。ダボ。4つ目の3パット。

 6番、打ち下ろしのパー3。ティショットはグリップが滑って右へ。思い切り左足下がりの法面から上手く打つもオーバーしてグリーンを横断、反対側のラフへ。3打目軽いチャックリで5m残す。連続ダボ・・・と思ったけどこの5mを気合のみで沈め、ボギー。

 このパットから怒涛の頑張りが始まる。

 7番、左ドッグレッグの難しいパー4。4Wでティショット、右ラフ。2打目ユーティリティで花道(想定内)、3打目22y、奥のピンに対しSWで突っ込んだつもりが4mショート。も、ピンにぶち当てて1パットパー。

 8番パー5、ティショットは先に当てながら230y、2打目左サイドのフェアウェイ、3打目8アイアンでオン、2パットパー。

 そして迎えた最終ホール、竹9番、池越え392y打ち上げ(実質430yぐらい?)のパー4。

 ティショットは定石通り左ラフも、大雨でランが全然出ずに200y(打ち上げ込みで)残る。2打目は今日何回使ったかわかんないぐらい多用してるユーティリティ(数えてみたら13回使ってた。約2ホールに1回の計算だね)で。何とかグリーン方向へ飛び、手前ラフ、ピンまで残り25y。

 ところがグリーンへ上がって驚いた。カップは水没、カップ周りはすべて水浸し。芝の穂先が見えてる状態なので打てないことはないけど、どれぐらいの力加減で打てばいいのか全くわからない。

 アプローチは開き直ってピンまで打つつもりで。ピンの1m手前に落ちて2m先に止まる。そしてパーパット。5m打つつもりの力加減でえいや!と。入ってくれた、いや、届いてくれた。

 雨の中、難しい竹の上がり3ホールパープレー。今日の収穫はこれだけで十分。成績なんてどうでもいい(っていうか途中で帰ったのでわかんない)。

seiseki20200726.jpg

 予選より一打多い129ストロークだったけど、まあ今の実力ではこんなもんでしょうな。



 しかし、アイアンのダフリとしょーもないボギーとしょーもない3パット、この3つはなんとかしたいね。
posted by hiro at 20:06| Comment(0) | 競技

2020年07月25日

7月2回め・直前レッスン


 競技直前だけど、競技が終わってからレッスンへいくのもちょっと違うなあと思ったので行ってきた。

 パッティングを見てもらう。以下、教えていただいた事を一問一答式で。

私「短いのを外すんです」

プロ「どんな人でも短いの外すことがある(から、あまり気にしないほうがいいと思うよ)」

私「引っ掛けることが多いです」

プロ「(#7のセンターシャフト)は引っ掛けないようになってるんだけどね」

私「短いパットも長いパットも、同じテンポで打つんですよね。だったら、ヘッドは短いパットほどゆっくり、長いパットほど速く動くということで合ってますか」

プロ「合ってます。振り子をイメージしてください。振り子の紐(クラブ)の長さが同じなら、大きく振れてるときも小さく振れてるときも同じテンポでしょ?だから、パットはどんな距離でも(同じスピードではなく)同じ時間で打つんです」

私「ホームコースのグリーンが日曜日も8.5ぐらいしか出ないと思うんですが、#7とL字(ロッサ・マラネロ)のどちらがいいと思いますか?」

プロ「#7の重たいヘッドは速いグリーン用だから、どちらかと言えばL字のほうがいいかもしれないね」


 逆だと思ってた・・・・というわけで、L字で望むことに。短いのハズしても落ち込まない。




 次にショット。やっぱり縦振りのテイストが入ってて、前傾姿勢が崩れたりグリップが体から離れたり浮いたりするのはそのせいじゃないかと。だからスイングが安定しないしトゥヒットするのではないかと。ハーフウェイバックで体に沿ってではなく、飛球線方向にグリップが上がっていってるのはダメ。つまり

 もっと横振りして、フェースを開いて閉じる、球を捕まえる動きを入れましょうと

 そして、肝心な時にダフるのは、大事に打とうとして体重が左に乗っていかないから。なぜフォローで左に乗らないかと言うと、

 バックスイングで右へ乗っていないから。(また同じこと指摘されてる・・・)

 バックスイングでしっかり右へ乗ると、確かにダフらない。けっこうきれいに入る。この日はフルショットで105y〜110y飛ぶ、50度のウェッジで90y飛ばすコントロールショットばっかり練習したんだけど体重移動意識するだけで縦の距離が合いだした。つまりコースでは

 安全・確実に打とうとスイングが縮こまる→体重移動しない→ダフる→トホホ

ってことなんだろうね。

 というわけで、ショットは体重移動と横振りで(手を振って)捕まえにいく。あとやっぱりリズム。それとインパクトの意識。

 ・・・ああ、先は長い。
posted by hiro at 10:33| Comment(0) | レッスン

2020年07月24日

竹梅フルバック


 160万ヒット多謝。

 体のケアと反省のため、月曜日から水曜日までの3日間は座禅と瞑想と写経と滝行と護摩行と火渡りの行を行い(ただし脳内で)、準備万端で迎えた昨日、1人でエントリーしてラウンド。早朝スルーの組に入れてもらい、フルバックから。

seiseki20200723.jpg

 良かった点

 バーディが2つ取れた(しかも、ショットで取れたバーディ)
 難しい竹9番でパーオンしてパーが取れた

 悪かった点

 3パット以上が3個。短いのを3つ外した
 梅1番、ティショットでまた引っ掛けてOB(先週の予選と同じ)
 梅3番、谷超えのパー3で5アイアンをチョロしてOB
 しょーもないボギー多数
 パーオンたった5ホール
 寄せワンが2個しかなかった

 トホホ

 梅最終ホール、残り90yからのコントロールショットがハーフトップ、奥からのアプローチ寄らず、ファーストパットオーバー、次もオーバー、短いの外すで4パット


 わかったこと

 パッティングストロークの変更(ゆっくり大きくストロークする→小さめのバックスイングからリズム良く打つ)にまだ不安あり
 アイアンショットの時、左足を飛球線と垂直にセットすると左の壁を意識しやすい(右へいきにくい)
 右が絶対イヤなホールのティショットは、積極的にアームローテーション「も」(体のターンに加えて)使う
 左が絶対イヤなホールのティショットは、トップで一瞬「間」を作ってほんの少し振り遅れるタイミングを作る
 梅の1番はティショットでドライバーを使わない!


 まあ、首位とは13打差もあるので、決勝は気楽にいきます。
 
posted by hiro at 13:00| Comment(0) | ラウンド