2020年05月08日

下手になっていく


 ゴールデンウイーク後半(2日〜5日)は午前中仕事だったんだけど、1日おきに薄暮プレーを楽しみ、間の日は家の用事を済ませるか家でゲームとかしてた。

 そんなわけで、油断して全然練習行かなかったら。

seiseki202005071.jpg

 ダボ、トリの嵐、吹き荒れる。2バーディは焼け石に水。パットが良かった?そりゃあ4ホールしかパーオンしなかったら相対的に1パット増えて3パットも減るでしょ。



 この日はきさいちを代表する名手、O嶋さんとのラウンドだったので緊張したんだよねー、というのは言い訳だけど、良いところを見てもらいたい、無様な姿を見せたくない、迷惑をかけたくない、という気持ちがちょっとあった。そのせいでか思い切り振れなくて、中途半端なスイングでOB量産。

 松1番はまさに置きにいって手が遅れてプッシュスライス。2番パー3はユーティリティで逆に引っ掛けてOB。4アイアンで良かったのに、ピンが奥だから欲張ってしまった。

 3番は残り200y打ち上げ、2オンを狙って4Wを共振したら体が先に行ってプッシュでOB。打ち直しは左、木の下からグリーン奥へ、寄らず入らずのダブルパー。

 ここでちょっと真面目にプレーしよう、目標45と切り替える。

 4番はティショット◯、2打目は謙虚に6アイアンでレイアップ、3打目100yからグリーンオン、長く大きく切れるラインが偶然入ってバーディ。やっぱり謙虚がイチバン。

 5番は2打目を久々に思い切りダフルも、50yのアプローチが1mに付いてパーを拾う。

 6番パー3は9アイアン、フェースの先に当たったけど気合で届かせて2パットパー。

 ここまではよかった。

 7番、左からの風を考えすぎ、また中途半端なスイングをしてしまう。今度は体が止まって左まっすぐ。OB杭線上というギリギリから出すだけ、をダフってバンカーの縁という悪いライへ。3打目はちょいダフリでグリーン手前、4打目ランニングアプローチは3mショートして入らず素ダボ。

 8番、思い切り振る。やっと芯を食ってフェアウェイ左サイド。2打目4Wはまあまあも右ラフ、3打目PW、また盛大にダフって(2回め)大ショート、4打目50y、うまく打ったと思ったけどグリーン上で止まらず奥へこぼれる。5オン2パット素ダボ。

 9番パー4、145y打ち上げアゲンスト、6番で完璧!と思ったら数ヤード足りずバンカーへ(本当はバンカーを避けて右の花道狙ったんだけど捕まった)。4mにオン、入らずボギー。50叩かないですんだ。

 気を取り直して後半。1番はアプローチが寄ってパー。2番はグリーン横からの難しいアプローチが寄らずボギー。3番、4Wのティショット完璧、2打目8アイアン今日イチでピン下2mにオン、なんとか入ってバーディ。

 ここまではよかった。

 4番パー5は左足上がりのロングショットを2回大きくミスって素ダボ。5番は短いパットを外してボギー。6番はユーティリティのティショットを引っ掛けてグリーン左奥、バンカー超えのアプローチはピンをオーバー、そこから2パットでボギー、の予定がまた50cmを外して素ダボ。おいおい。

 こうなるともう集中力欠如症候群っていうかやることなすこと裏目に。7番はティショットやや右ラフ、木のそばでスイングができず、残り60y地点まで。そこからうまく打ったと思ったけどわずかにショート、エッジからパターでそこそこ寄せるもまたまたまた短いのを外して(3回目)また素ダボ。おいおいおいおい。

 8番パー5、ティショットはフェースの先に当たって左ラフ、2打目4Wで残り90y地点まで、3打目ウェッジフルショットはほぼ完璧に打ててピン下2mに着弾するも、5mほどスピンバックしてしまう。きちんと当たった証拠だからまあ良いや。2パットパー。

 最終パー4はティショット(狙い通りの)左ラフ、2打目PWは引っ掛けてグリーン左、ピンアイ2のアプローチは60cmに寄ってくれて1パット(今度は入った)パー。


 「ゴルフはな、うまくなったと思ったときからへたになっていく・・・」

 「傲(おご)りはゴルフの敵」

image661.jpg

 宇賀神さん、あなたは正しい。私の大地は、超ディフェンス型ゴルフにあることを再認識しました。

 宇賀神「いや、練習せえよ」
posted by hiro at 19:49| Comment(0) | ラウンド