2020年03月17日

ウェッジを変えてみた


 前々回の2月末のレッスンで、あまりにもひどい私のアプローチスカタン病を見かねてか、S水プロは「グースネックのウェッジを使ってみたら?」とアドバイスしてくださった。

 で、どうせグースネックのウェッジを使うなら思い切りグースの効いたウェッジを使ってみようということで、廊下に転がっていたこれを。

pingeye2xg01.jpg

 グースネックといえばこれ。ピン アイ2 XG ウェッジ(PING EYE2 XG Wedge)。1980年代に発売され、一世を風靡したピンアイ2の復刻版。ちなみにXGとはXが2010年の「10」を、Gがグルーブ即ち溝規制を表している。つまりCXGは2010年の溝規制クリアという事を意味している(しらなかった)。


 どうよ、この、どうだ!と言わんばかりのグース。

pingeye2xg02.jpg
こちらから画像お借りしました)


 で、練習とラウンドを3回づつこなしてみたんだけど、このウェッジ・・・

最高最強にいい!!

 最高最強その1、安心感。包み込むようなフォルムが、トップしない雰囲気を出してくれる。

 最高最強その2、ミスに異様なまでに強い。5cmぐらいダフってもチャックリしない。いやホントに。

 最高最強その3、打感がいい。ステンレスみたいな硬い打感をイメージしてたんだけど、柔らかいし音もいい。

 欠点があるとしたら、フェースを開きにくいので高くてふわっとした球が打てないということだけど、そもそも、元々技術的に打てないので関係ないし。そんな球を打つ状況になったときはパーを諦めればいいだけだ。かんたんなお仕事です。

 あと、バンカーショットが今のところうまく打てない。これはでも慣れの問題だろう。元々バンカーから打ちやすいと言われてるし。


 というわけで、ピンアイ2XGウェッジ!ひょっとしたらいやたぶん一生使い続けるかも。
posted by hiro at 09:28| Comment(0) | 道具