2020年03月16日

シンプルなアプローチ

 レッスンの話のちょっとした続き。

 20yぐらいまでのアプローチだが、以前S水プロは

「簡単に言うとコックを使わないシンプルな(=パッティングストロークに近い)打ち方と、普通にコックを使う(=ショットに近い)アプローチの2種類がある。どちらを使うかは状況や残り距離や慣れで選択すればいいことで、どちらが正しいというものではない」

 というふうなことを教えてくれた。で、つい最近、コースでアプローチ練習をしている時、「バックスイングは軽くコックを入れて上げ、ダウン〜フォローではコックをキープしたまま体の回転だけで打つ」という感じのことをやってみるといい感じで打てたので、プロにそういう打ち型はありなのかどうか聞いてみた。すると、S水プロは不思議な顔(きっと呆れていたのだろう)をして、

「(そんなややこしいことをしないでも)ダウン〜フォローでコックを使わないんだったら最初から使わなかったらいいんじゃないですか?」

 仰るとおりである。




 つまり、今日言いたいことは、

 プロの考え方はシンプル。つまりゴルフ(スイング)は本来シンプルなものなのだろう。でもアマチュアは逆に考えすぎ、工夫しすぎ、あるいは手先でごまかそうとして複雑怪奇な動きをし、結局何も掴めないで悩みの無限ループにハマってしまう

 のではないかと。

 アマチュアほど難しいアイアンを使いたがる、ハンデキャップの多い人ほどグリーンのすぐ側からウェッジを持ってチャックしたりする(それお前や)、難しいホールでパーを必死で取ろうとしてダボ以上を叩く、狭いホールでもドライバーを持ってOB出しちゃう、という思考回路と同じのかもしれないね。



 今日の教訓:ゴルフは打ち方も考え方もシンプルが一番。
posted by hiro at 09:21| Comment(0) | アプローチ