2020年03月09日

SiM MAXを打ってみた


 木曜日のラウンドは、試打クラブを借りてラウンドしてみた。
 
SiMMAX.jpg

 テーラーメイド SiM MAX ドライバー。10.5度SRしかなかったのでそれで。今日はインプレなどを。スカタンで芯にめったに当たらない私のインプレなのでそのへんを加味して聞いてくださいね。

 しかし最近のドライバーって軽いよね。このクラブも持った感じ、振った感じはだいぶ軽い。気合を入れて振り回すというより、タイミングを合わせてクラブに仕事をさせるというイメージを持って振るという気持ちにさせる軽さ。

 で、12ホールで使ったけど、どっちへ曲がりやすいというのはなかった。OBは無し。前半はトゥヒットが多かったので右め、後半は引掛けが多かった(いやそれお前がヘタなだけ)。でも、右へのミスのほうがマシだったので、どちらかと言うと(このスペックでは)スライサー向けなのかなという気がする。

 打った瞬間やばい!曲がった!と思ってもその曲がりは半分ぐらいに押さえられるのはすごいと思った。オフセンターヒットと直進性はそうとう強いというイメージ。

 飛距離に関しては「すごく飛ぶ」というわけではないけど、「ミスヒットしてもそこそこ飛ぶ」というのはアドバンテージ大きいかなと。2回だけ芯を食ったけど、その時は十分飛んでた。

 打感は好みもあるだろうけどちょっと頼りない感じ。っていうか、フェースのどこに当たったのか自分でわかりにくい。それこそが「オフセンターヒットに強い」ことの証明になるんだろうけど、オートマチックすぎて面白みはないかな。昔キャロウェイのC4っていうオールカーボンのドライバーがあったけど、それを思い出した。C4もどこに当たったのかわかんないけどナイスショット連発って感じだったんだよね。

 打音もだいぶおとなしい。低くて玄人受けする感じ。


 ドライバーとしては良く出来てるし、大曲しないしいいと思う。でも私としてはこのスペックは無しかなあ。9.5度かMAXじゃないやつを使ってみたい気はする。
posted by hiro at 12:34| Comment(0) | 道具