2020年03月03日

体開かない


 一昨日の日曜日は(インパクトで)体を開かない事だけを考えて薄暮ラウンド。リズムも体重移動も左肘も大事だけど、そんなにいっぺんにできないからね。


 スコア付けずに回ったので、覚えてる範囲で。
 
 1番パー4、ドライバーはフェースの先に当た(体開いてる!以下同じ)ってひょろひょろフック。2打目8アイアン、当たりは分厚かったけど低い引掛け(うーん・・)。ユーティリティで寄せ切れず2パットボギー。

 2番パー3、ユーティリティはいい当たりもプッシュ(プッシュは悪くない)。足場はバンカー、ボールは膝の高さのラフという高い難易度の50yのアプローチはうまく打てて8mにオン、2パットボギー。「体を開かないイメージ」はアプローチで効果高そうだ。

 3番パー4、4Wのティショットは会心、ハイドローで220y。ティショット特にフェアウェイウッドのティショットは体を開かないイメージが出しやすい。2打目ユーティリティ、これも軽いドローでラインが出てグリーンまで5yの位置へ。ベアグラウンドからユーティリティで転がし、1パットパー。

 当たり前かもしれないけど、ユーティリティで転がすときも体を開かないように考えて打つほうが転がりもインパクトも良くなる。っていうか、今までいかに体が開いてたかってことだなこりゃ。

 4番パー5。ドライバーはダフリチョロで80y。「体を開かない」ようにすると「右肩が下がる」という余分な(間違った)動きがもれなくついてくる。こういうところが運動オンチの辛いところだ。2打目、左足下がりのラフから4W、またチョロ。3打目もう一回4Wは何とか当たって残り130y打ち上げ。

 ベアグラウンドに近い薄芝から8アイアン、キレイに打てるもフックが掛かりすぎてグリーン左へこぼれる。10yの寄せ、ユーティリティはちょっとオーバーして微妙なくだりのラインを入れられずダボ。でも4打目が良かったので良しとしよう。

 5番パー4。右を向いて構えたのに(から?)盛大に左引掛け。一番あかんやつ。2打目左足下がりつま先下がりのラフから6アイアン、、お約束のハーフトップ(仕方ないね)からグリーン手前のバンカー。35yのバンカーショットは20yぐらいしか飛ばず。2パットボギー。

 6番パー3。9アイアンのティショットはボールを直置き(ティ使わず)してハーフトップ(笑)してグリーンエッジまで2y地点へ。ユーティリティの転がしは1.5mオーバーするもこれが入ってパー。

 7番パー4、ティショットはちょっと先に当たり右プッシュ、右ラフ。2打目6アイアン、一生懸命体を残して球を捕まえようとしすぎたせいか、逆にフェースの返りが遅れてスライス(えてしてこういう事が起こる)、グリーン右バンカー。出して2パットボギー。

 8番パー5、ティショットプッシュでバンカー。バンカーからユーティリティ、ハーフトップながら150yぐらい飛ぶ。3打目220y、4Wはダフり引っ掛けで70yも残る。4打目、ラフからウェッジフルショット。むっちゃいい感じで打てた!のにちょうど70y飛んで止まらず(ラフのせいだと思いたい)、奥へこぼれる。10yの微妙なアプローチ、まあまあで2mに。でも外してダボ。

 9番打ち上げのパー4。ティショットはプッシュ天ぷらで180y右ラフ。2打目140y+打ち上げ15y+過激な砲台グリーン、5番で手前から転がし上げるを選択。手応え、方向、弾道すべて狙ったとおりだったんだけど(5年に1回の出来事だ)、わずかに届かず、傾斜を転がり落ちて15yのアプローチが残る。

 ピンは手前。この状況でのアプローチは私の記憶に残っている限り1回も成功したことがない。1000回打って990回チャックリ、9回トップ、1回グリーン奥にオンという感じ。しかし。

 「体を残す」で奇跡が起こった。ほんのちょっとダフリで済み、ピン下1.2mにオン。これは真実である。誇張でも嘘でも演出でもない。この私が、アプローチでまともに近い結果を残したのだ。その時私は、たしかに神の存在を感じた。いや神と一体になった。ハレルヤ。1パットパー。



 総評:「体を残す」はアプローチではいい感じ。フェアウェイウッドやユーティリティもまあまあいい感じ。ドライバーとアイアンは何となくいい感じ。がんばれ、俺。
posted by hiro at 12:04| Comment(0) | アプローチ