2020年01月20日

ホンマのTW-Xを使ってみた


 1ラウンドに1個以上ボールをなくす私としては、400円も500円もするボールはもったいない。でも、最低限ウレタンカバーのボールは使いたい。で、話題のアレを買ってみました。9日のラウンドで使ってみた。

honma_tw-x.jpg

 マークダウンした旧製品のほうね。新製品は1ダース3000円ぐらいつまり1個250円。それでも安いんだけど、まずはこっちを試してみた(あんまり変わってないと思うし)。この旧製品は2300円、1個200円を切ってる。それでウレタンカバーなんだからこれはもう価格破壊と言っていいだろう。

 まず、箱が簡素でいい。非常に好感が持てる。どうせ捨てるところにキラキラの紙や印刷は必要ない。タイトリストよ、スリクソンよ、ブリジストンよ、見習いなさい。

 そして肝心の使い心地。えーあくまでへっぽこゴルファーの私が言うことなので、参考程度にお聞きください。



 ドライバーの打感:固すぎず柔らすぎず。でも、どちらかというと柔らかめかな。

 アイアンの打感:私の場合、ほぼすべてのショットがダフリなので評論不能。でも、数回きっちり当たった感じとしては芯を感じられる結構いい感触だった。

 アプローチ:打感まあまあ、初速早め、打音も違和感なし。

 パッティング:ほんの少し打音が高めに感じたけど、安物感・違和感を覚えるほどではない。転がりも悪くない。

 飛距離性能:十分じゃないでしょうか。

 スピン性能:パーオン率が低いのでよくわからないけど、少なくともスピン効いてないなーと感じたことはなかった。

 耐久性:これははっきり悪い。V1より、Z-Starより下。ささくれや傷や着色には弱い。1ラウンドがギリギリ。でも値段が高いボールの半額以下だから、ハーフで替えるぐらい割り切って使うのならありか。



 わかりやすいように一覧表にしてみた。でも、注:あくまで個人の感想です、ということで。星5つが最高で、できるだけ優劣をつけるよう調整しています。

ball2020.gif

 こうやって考えるとほぼ横並びだよね。まあ何を重視するかで変わってくるってことで。値段を気にしないなら(上の3つの中で)V1X一択だし、TW-Xは平均的に優れたボールだし、飛距離と耐久性を最重要視するならスーパーストレートもありだし。

 あ、なぜ今はやりのホンマD1ではなくスーパーストレートかというと、編者がD1を使ったことがなく、スーパーストレートは3ダースぐらい使ったからで他意はありません。


 結論。TW-X、すごく敏感な人でない限り、普段遣いには全然問題なく使えますよ説。
posted by hiro at 09:51| Comment(0) | 道具