2020年01月10日

今年2回めのラウンド


 2日の新年杯に続き、2回めのラウンド。薄暮入れると2.5回目か。ホームコースで、Mの会の方々と。白ティ。

 この日のテーマは「バックスイングの途中でダウンスイングに入るイメージ」で。よく飛ぶ球もベタピンもあったけどOBもダフリもトップもあった。つまり、結局いつもと同じ。でも可能性を感じさせる内容ではあった。

seiseki20200109.jpg

 上がり3ホールでイーブンパー・・・よくできました
 パット数28・・・たいへんよくできました
 81ストローク・・・がんばりました(白ティからだったため)
 2OB・・・もうすこしがんばりましょう
 パー5のスコアが6.25・・・もうすこしがんばりましょう
 パーオン率・・・38.9%・・・もうすこしがんばりましょう



 ま、後半4番の2連続OBの9が全てだな。それさえなければ初30台も初70台も出てたという。

 このOBは100%メンタルの問題(左ドッグレッグ打ち下ろしのパー5、キャリー230yでショートカットできるのでそこを狙って2種ともプルフックであぼーん)であり、欲と見栄のたまものであり、その欲に打ち勝つためにずっとドライバーを使い続ける(が競技では絶対にドライバーを持たない。絶対にだ)ことに決めた。今決めた。


 パットが異様に良かったのはグリーンスピードが9弱という一番お手頃な速さだったことが1つ、あとはアプローチミスが結果オーライ的に寄ったのが2回あったのと、長いパットが2つぐらい偶然入ったのと、1〜2mのパーパットが登りについたことがたまたま重なったせい。

 あ、パターは今またオデッセイ#7のセンターシャフト(CS)使ってます。天界に住む(=HDCP片手の)M岡師匠に

 利き目が左の人はセンターシャフトのパターしか使っちゃダメ

 って教えてもらったので、それを参考にして変えました。ちなみに私は右利きで目は左が利き目。結構珍しいタイプらしい。



 ここからプチ自慢が始まります。この日のハイライトは松1番と8番。

 1番はティショットがそこそこいい当たり+カート道に当たって残り60y地点まで。そこから56度のクォーターショットが50cmに付く(偶然だけどね)スーパーショット。ショットで取れたバーディというのは私にとっては本当に珍しい。

 8番パー5はティショットが右バンカーの先へ、2打目は樹の下を通すためにスプーンを持つも球が低すぎてゴロになり、残り170y地点へ。3打目5アイアンでは大きく、6番では短い。ピンは手前だから6番でも良かったんだけどアゲンストだったので5番を短く持って打つことに。これがなかなかのナイスショットで、グリーン右センターにオン。2パットでナイスパーだった。

 素ダボも連続3パットもあったけど、まあまあだったかな。
posted by hiro at 20:43| Comment(0) | ラウンド