2019年11月16日

「緩まず振り抜く」ラウンド


 ラウンドの結果がひどい時は金曜日の更新サボる説。


 K嶋さんとO谷さんと3人で京都府の宇治田原CCへ。

seiseki201911014.jpg

 パーがボギーに、ボギーがダボに、ダボがトリプルになる(当たり前だ)3パットが6個は今季ワーストかな。寄せワンが4つあったから何とかなったけど、大台突破しそうだった。



 なぜこんな事になったのか説明しよう。宇治田原はグリーンが大きい。どれぐらい大きいか調べてみた。私が思うに、

 超小さなグリーン 15x15m 15x20m 20x20m 
 小さなグリーン 20x25m 25x25m 
 普通のグリーン 25x30m 30x30m 
 大きなグリーン 30x35m 35x35m
 超大きなグリーン 35x40m 40x40m 40x45m

 って感じ、つまり30x30mが基準(注:あくまで個人的な見解です)なんだけど、宇治田原のグリーンは長径が40m、中には45m近いグリーンもある。

201911ujitahara.jpg

 大きいだけではない。そこそこのうねりや微妙な傾斜があり、遠くへ乗ってしまうと最初のパットを寄せるのも至難の業だ。さらにはっきりとした芝目まであり、それを理解してないと1mでも微妙に切れたり切れなかったりしてなかなか入らない。

 ただし転がりはすごく良いので、上手い人、きちんと読める人にはフェアなグリーンなのである。つまりここまでの文章は単なるヘタの言い訳なのである。


 まあ、それ(3パット6個)が無くても11オーバーだからショットの方も(いつも通り)そんなによくなかったんだけどね。特にティショットでドライバーを使った時がひどかった。振り遅れ右プッシュスライスが3つ(そのうち1つOB)、プルフックが4つ。フェアウェイへ飛んだのは2つだけで、それもヒール。緩まず振り抜くだけではダメなのか(そうです)。

 スプーンなんかを持ったときはまだマシなので、ドライバーだけもうちょっと考えないかん。っていうか、そろそろ新しいのを買うかぁ?


 あでも、アイアンとアプローチはまあまあいいのがいくつかあったので、緩まず振り抜く作戦は今後も継続していきたい。
posted by hiro at 13:47| Comment(0) | ラウンド