2019年11月13日

「緩まず振り抜く」練習


 というわけでジェットコースターみたいにドン底まで落ちた後、光速で戻ってきた編者である。こういうのを塞翁が馬っていうのかな(ちょっと違う)。ミスショットがバーディチャンスに付く、的な?

 さて、スイングの奥義を発見したわけだがそれをきちんと検証しないと絵に描いた餅。というわけで練習へ。



 この日は150球。その内訳は、50yのアプローチを半分、7アイアンを3割、ドライバー・スプーン・ユーティリティをそれぞれ1割ほど。

 アプローチに関しては、緩まないよう(具体的には今までより腕を振る・使うイメージ)に打つとダフる。ダフるが、恐る恐る振っていた頃よりもしっかり飛んでいく(いやそれ当たり前)。もちろんマットの上からなのでダフってもそこそこ飛んでいくんだろうけど、コースで芝の上から打ったとしても、しっかり緩まず振れていれば多少のダフリは許容される気がする。根拠はない。

 で、ダフらないようにするためには50yのアプローチでもしっかり左へ体重移動していかないといけないようだ。それか、最初から左足体重で打つか。

 というわけで、アプローチでもフルショットと同じように体重移動して緩まないように打つ。



 次に7アイアン。「緩まず振り抜く」だけだったら、狙いより右へ出て右へ曲がる(プッシュスライス)球が出る。上半身(腕)に意識が行きすぎてるんだろう。

 よってここでも体重移動。無意識に行うためにバックスイングで左足ヒールアップ、ダウインスイングで下ろす、というのをするのだが、それだけでは上体まで突っ込んでしまって狙いよりちょっと左へ出て左へ曲がる(プルフック)になる。

 そこで、ダウンスイングでちょっとだけ上半身を我慢し、飛球線より見技へ降っていくイメージで振ることでやっとこさ右へ出て左へ戻ってくる球が出る。

 というわけで、アイアンは左足ヒールアップからの上半身我慢で緩まないように打つ。



 最後にユーティリティとウッド。これはもう、気合と根性だけ。

 すなわち、曲がることを恐れず、大きくしっかり、緩まないようにフィニッシュまで振り抜くのみ!

 とはいえ、右が怖いときはクラブを少し短く持ち、左が怖いときはグリップを緩めて打つ。これでどちらかのミスを消すことができるはず。理屈では。




 まあ、理屈通りに打てればいつもパープレーが出るはずで。そんな訳はない。1ラウンドに1回でも思うように打てれば良しとしないとね。


posted by hiro at 18:07| Comment(0) | 練習