2019年09月27日

GB月例@パインレークGC


 昨日は仲間2組とコンペ(GB月例)。ロバート・トレント・ジョーンズJr設計の難コース、パインレークGCに。

02-2019-09-26.jpg

 いつも18番の写真を撮ろうと思うんだけど、その頃には疲労困憊&絶望感でそれどころではなくなってしまう。

03-2019-09-26.jpg

 美しいコースである。

09-2019-09-26.jpg

 でも難しい。フェアウェイは多くのホールで絞ってあり、大きく曲げるとOBかペナルティエリア(池や川)でダボ確定。ちょっと曲がっても林か深いラフ、0.5〜1打のペナルティだ。

 つまりドライバーがまずまっすぐ打てないとスコアにならない。

 次にレイアウト。意外とアップダウンがあり、グリーン面が見えなかったり傾斜地からのショットが多い。うまく打てたつもりでもなかなかグリーンをヒットしてくれない。

 そしてグリーン。大きくてうねりが強く、遠くへ乗せると簡単に3パットする。しかもこの日は9.6ft出ていて、さらに目もあって、順目の下りは触るだけ、逆目の登りはいくら打っても届かない。



 そんなパインレークだが、この日は「(どんなに左が怖くても)全ホールでフックを打つ」と決めてスタート。結果フェアウェイへ行ったのは4回だけ。その4回も、4アイアンが1回、4Wが1回、3Wが1回、ドライバーはたった1回。

 フェアウェイへ行かなかった残り10ホールは、朝イチの右プッシュスライス(OB)が1回、右プッシュ(ラフ)が2回、残りの7つは全部プルフック。その7つのプルフックのうち3回が池とOB

 というわけで、こうなった。

seiseki201905261.jpg

 まあそうなるよね。あれがそれだったら。あーあ。ちなみに17番と18番は池ポチャだけどOB級の当たりだったのでOB扱いにしておいた。

 1番はプッスラ2連発(1球目OB)からの6オン2パット。2番はいつの間にかトリ。3番は短いパットを外しての素ダボ。後半はちょっと落ち着いたけれど、16番は4アイアンで左引掛け池ポチャ、17番もドライバー左引掛けOB、最終ホールもドライバー左引掛けOB。16番から18番をボギーで切り抜けられたら80台だったので、悔しさもひとしお。



 日曜日までに左に引っ掛けるOBを調整しないといけない。ヤバイよヤバイよ〜。っていうか、多分いろいろ考え過ぎなんだろうなー。フェードとかドローとか考えずに、シンプルに立ってシンプルに打っていくのが一番なんだろうけど、なかなかそれができないんだよなー。
posted by hiro at 12:13| Comment(0) | GB月例